セルフジェルネイルですぐにネイルが割れてしまう原因と対策は?



sponsored link

ネイルサロンに行きたいけど、

 

仕事が忙しくてなかなか時間がとれない・・・

行ったことがないとなんとなく行きづらい・・・

 

と思うことはありませんか?

そんな時は、

自分でネイルをしてみようかな?

友達も自分でやっていたし…

セルフジェルネイルに挑戦!という人も少なくないはず。

ネイルグッズを集めて頑張ってトライして、完成したときの達成感は疲れが飛んでいきますよね!

でも、

 

数日してなぜだかすぐに割れてしまう…

 

という経験はありませんか?

せっかく頑張ったのにすぐに割れてしまうとガッカリしますよね。

割れた後は、不便なことだらけ。

髪を洗う時に引っ掛かったり、セーターに引っ掛かったり…

どんどんひどくなっていくし…

最悪の場合は出血することもあります。

せっかく付けたジェルネイルがそんな事にならないようにするコツをご紹介します。

 



sponsored link

 

ジェルネイルが割れる原因は?

すぐに割れてしまうという場合は、まずは自分の爪自体に原因があるのかもしれないので、自分の爪をチェックしましょう。

指先には、爪を作る場所がありますが、何らかの原因で損傷を負った場合はきれいな爪が生えてこない場合があります。

特定の指だけ縦に線がいつも入ったまま生えてきたり、波打って生えてきたりという事はありませんか?

 

そういう場合は以前ドアで指を挟んだことがあったりとか何か痛い思いしていることがあります。

ちょっと、思い当たることがないか思い出してみてください!

爪自体がきれいに生えてこないと、爪に負荷がかかった時はどうしても割れやすくなってしまいます。

 

乾燥している爪は割れやすい

爪は乾燥に弱いので、乾燥していると衝撃で割れやすくなります。

日ごろからキューティクルオイルやハンドクリームなどでしっかりと保湿をしておくといいと思います。

キューティクルオイルやハンドクリームは一日に何度塗っても大丈夫なので、家事をした後や水を使った後には必ずつける習慣をつけておくといいですね。

もし、ベタベタするのが気になる場合は、キューティクルオイルだけでも、爪の周りにつけておくと保湿できるのでおすすめです。

 

爪が弱っている

セルフジェルネイルの場合、付け直しを頻繁にしてしまうことによって爪が薄くなっている可能性もあるので要注意です。

出来るだけ付け直しを頻繁にしないように心がてみてください。

また、ジェルをとるときに間違った取り方をしたり、無理やりジェルを剥がすような行為は厳禁です!

爪を薄くしてしまうと爪自体が弱くなってしまいます。

ベースの爪が弱いとどうしても衝撃に耐えられず割れやすいので、爪の状態をよくしておくことが必要です。

 

セルフジェルネイルの付け方に問題あり?

ジェルネイルのジェルの厚みが薄すぎると衝撃に耐えられずに割れてしまうことがあります。

ジェルが薄すぎた場合は、厚みをたしてあげるといいと思います。

また、厚みがバラバラだと爪に負荷がかかった時に薄いところに力が集まり、そこが割れてしまうこともあります。

出来るだけ、でこぼこにならないように均等にジェルを塗ってみてください。

 

ジェルが塗れてないところがないかチェック!

最後に塗るトップジェルは透明なので慣れるまでは、全体にきれいに塗れているのかわかりにくいですよね。

もし、塗れていないかも…と心配な場合は、爪全体を覆うようにしっかりとジェルを塗りましょう。

わからなくなった場合は何度か重ねてしっかりと塗ってみるといいですよ。

 

まとめ

セルフジェルネイルをしてもすぐに割れてしまうとテンションも下がりますよね。

その原因を知っておくことで、解決策が見つかるかもしれません。

まずは、何もつけてない状態の爪をチェックしてみて、爪に異常がないか、爪が薄くなっていないかを確認してみることも必要です。

もし、爪の状態がいいのならジェルが薄くないか、全体的にジェルがちゃんと塗れているかも確認してみましょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ