ジェルネイルに必要なアフターケアやお手入れの方法は?



sponsored link

ジェルネイルをしたら気持ちもウキウキしますよね。

せっかくつけたジェルネイルなら、きれいに長く持たせたいと思う人は多いはず。

何かコツや手入れの仕方があるなら知りたいですね!

そこで今回はジェルネイルをした後におススメのお手入れ方法をご紹介します。

大切なネイルを出来るだけきれいに維持しましょう!

 



sponsored link

 

爪の負担を減らしたいなら乾燥はタブーです

お肌もそうですが、爪の乾燥もダメージが大きいので、できるだけ保湿をした状態をキープすることが必要です。

お肌の乾燥には敏感ですが、意外に爪は放ったらかし…ということはありませんか?

爪にも保湿が大切なんです!

乾燥した爪は割れやすくなります。

なので、しっかりと保湿をしてあげないといけないのですが、どうやって保湿をしたらいいのかわかりませんよね?

おススメの商品はキューティクルオイルです。

ネイルサロンやネイル用品を売っている雑貨店には置いてありますのでぜひ購入してみてください。

キューティクルオイルは、サイズもコンパクトでデザインも香りもいろいろあります。

自分好みのものを選んでいつもポーチやポケットに入れて持ち歩いておくといいですね。

 

もし、爪が伸びすぎてしまったら…

ジェルネイルをして数週間たつと爪も伸びてきます。

そうなると、いろいろと不便になったりしますよね。

爪を短くしたいけど、していいいのかな?と悩むところです。

ですが、ネイルサロンではお家で爪を短くすることはおススメしていません。

なぜかというと、ジェルを塗布する際に先端から剥がれにくくするようにジェルを塗っているんです。

ジェルネイルをすると厚みもでるので、ついつい爪切りでパチンパチン切ってしまいたくなりますが、そうすると衝撃でジェルネイルが剥がれてしまう場合もあります。

そうすると、せっかくのかわいいネイルが台無しです…。

美容師さんなど爪が長くなると都合が悪い職業の人に爪を短くしないで!

なんて言えないので、どうしてもの場合は、ネイルファイルで短くする方法をおススメしています。

でも、爪を短くするということはジェルが剥がれやすくなるということを覚悟したうえでの方法ですので、どうしても短くしないといけない時だけにしたほうがいいですね。

 

ジェルが剥がれてきたら…

生活をしていると、ジェルが剥がれてくることもあります。

そうなった時は絶対に自分で剥がさないでください。

お客様でもペロンと剥がれるとおもしろいからついつい剥がしてしまう…

という方もいらっしゃいますが、絶対にやってはダメです!

ジェルを剥がしてしまうとくっついている爪も一緒に剥がしてしまうことになり、爪が薄くなってしまいます。

自分で自分の爪を傷めてしまうのはいけないですよね。

 

もし、一本でもジェルネイルの様子がおかしければネイルサロンに相談してみてください。

一本でも直してくれるのでひどくなる前にしっかりと直しておくのが最善の方法です。

セルフジェルネイルの場合も同様にひどくなるまえにしっかりと直しておきましょう。

ジェルネイルは手の扱い方によって、もちが変わってきます。

せっかくかわいくしたネイルなら、手と爪を労わってあげるのが一番のケアかもしれませんね。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ