ジェルネイルは爪に負担がかかるって本当?



sponsored link

ネイルをする人が増えて色々な情報を耳にすることが増えてきました。

その中で気になるのが、

 

ジェルネイルは爪に負担がかかるのか?

 

ってことですよね。

 

ジェルをして爪が弱くなった…

すぐ爪が割れるようになった…

 

お客さんからもこのようなお話をよく聞きます。

実際のところ、ジェルネイル自体が爪に負担をかけることはありませんが、誤ったお手入れをするとこのようなことが起こります!

そうなると、ジェルネイルをしたくても不安ですよね。

せっかくネイルをして綺麗になっても爪が割れたりしたら台無しですし・・・

ジェルネイルは誤った使い方をすると爪を痛めることがあるので、しっかりと知識を入れておくことが必要かもしれません。

 



sponsored link

 

ジェルネイルを自分で剥がすと…

ネイル 負担 割れる

これが一番爪を傷つけます。

というのも、ジェルネイルは爪の表面にジェルが定着している状態です。

何かの際に少しジェルが剥がれかけると気になってしまうのもわかります。

しかし、そうなった時に無理やり自分で剥がしてしまうとは、爪の表面に定着しているジェルが剥がれるときに表面の爪も一緒に剥がしてしまうことになります。

爪は一枚のように見えますが、実際はミルフィーユのように何層にも重なって1枚の爪になっています。

何層にもなっていますが、何度もその層が剥がれると爪が薄くなってしまうのは当然ですよね。

だから安易にジェルをはがしてしまうのは、危険なんですね。

では、剥がれてきたらどうしたら一番いいのでしょう?

 

ジェルネイルがはがれてきた時は?

疑問

ジェルが剥がれてくると、髪や靴下など日常生活でいろいろな物に引っ掛かかります。

引っ掛かれば、ジェルもどんどん剥がれていってしまいます。

そうなるとどうしても爪に負担がかかってしまいますよね・・・

そんな時はネイルサロンで直してもらうのが一番です。

自分でどうにかしようとすると悪化する可能性が大きいですからね・・・

関連記事:ジェルネイルにひびが入った時はどうしたらいい?応急処置は?

 

ネイルサロンでは一本だけでもお直しをしてくれるので、悪化する前に一度足を運んでおくと安心です。

ひどくない場合だと、付け直さなくても上手く直してくれる場合もあるので、早めに行っておくほうがいいですね。

 

爪の表面を削らないジェルなら安心?

ジェルネイル経験者の方はご存知だと思いますが、ジェルをつける時に、表面を軽く削る工程があります。

それって、すごく爪を痛めているような気がしますよね?

ですが、そんな方向けに表面を削らなくても定着するジェルもあるんです。

それだと安心ですね。

でも、ここで意外な落とし穴があるんです。

もちろん、表面を削らない場合は爪にかかる負担は少ないのですが、そのジェルが剥がれてしまえばそれ以上の負担がかかってしまうんです!

そういうことも知っておかないといけませんね。

 

合わなくて剥がれやすいジェルだと意味がなくなってしまうかもしれません。

ジェルの定着をよくするために爪の表面を軽く削る工程は、爪に大きな負担をかけているようにみえますが、実は剥がれてしまうほうが負担が大きくなります。

いかに上手に長持ちさせるかで爪への負担がずいぶん変わってきます。

もし、過度な負担がかかるのならネイリストさんはずっとネイルをしていないかもしれません。

ということは、扱い方次第なのかもしれませんね。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ