セルフネイルのポリッシュのやり方は?



sponsored link

自分のネイルを自分で楽しむセルフ派だからこそ、
おしゃれなネイルを極めたい…と思っているあなた。

ポリッシュのやり方、
その基本テクニックをマスターして完成度の高いネイルを目指しましょう。

 



sponsored link

 ネイル前にしておきたいこと

1.  爪の長さと表面を整える

まずは、長さと形が好みの爪になるように整えましょう。

images9MA2P7P4
掲載元:milkcat

爪の表面に凹凸のあるとポリッシュも塗にくく、思うように仕上がりません。

下準備をしっかりするとポリッシュの保ちも違ってきます。

ただし、表面はあまり削りすぎないように注意してね。

 

2.  甘皮を整える

甘皮は爪の生え際にある爪と皮膚との境目にある張り付いた皮のこと。
きちんと処理すると、ポリッシュがより綺麗にムラなく塗れます。

img_marble_04

掲載元:milkcat

キューティクルリムーバーをツメの甘皮の部分に塗って、1015分ぬるま湯につけます。
水分を拭き取り、キューティクルプッシャーを当て、ルーズスキン(目に見えないツメの薄い膜)をこすり取ります

 

3.  表面の油分や汚れを拭き取る

エタノール(または油分が含まれていない除光液や専用油分処理剤)を染み込ませたコットンで、爪の表面の汚れや油分を取ります。

imagesJXY9Z4PL
掲載元:milkcat

綿棒などを活用して細かなところまで拭き取って。

 

ポリッシュの塗り方

1.  ベースコートを塗る

ベースコートはポリッシュの発色や色落ちを防いでくれます
同時に定着をしやすくする役目も。

まず、エッジ(爪先)の裏側から塗ります。
ハケに少しだけベースコートをつけて、手を裏返して塗ります。
一度に全部塗るのは失敗のもと!

まずは中心部を。左・右の両端はまた新たにハケにベースコートをとって塗りましょう。
塗った後は、しっかり乾かしてね。

 

2.  ポリッシュを2度塗る

ポリッシュはベースコートと同じ要領で塗っていきます。

images
掲載元:Locari

 

ここで注意したいのはハケに取るポリッシュの量
ハケの先半分くらいを残す程度が目安ですよ。

乾いたら、もう一度塗ります。

ポリッシュがどろっとして塗りにくい場合、濃度を薄め液で調整します。

はみ出た部分は後で取るので、気にせずに素早く一気に塗りましょう

 

3.  トップコートを塗る

 仕上げのトップコートはツヤを与え、ポリッシュを長持ちさせてくれます

 

3日に1回ぐらい塗り重ねると、ポリッシュの色や艶が長持ちするのだとか。
そのために
ベースとトップコートは良い物を使うのが鉄則だとか。

塗った後は、しっかり乾かします。

 

4.  はみ出た部分を取り除く

オレンジウッドスティックにコットンを少量巻き(綿棒でもOK)、除光液(リムーバー)をつけます。
爪からはみ出ているポリッシュを取り除きます。

 

まとめ

簡単にだれにでも塗れるポリッシュですが、意外と間違った塗り方をしている人も多いのでは?
ひとつ1つ丁寧に行えばだれにでもプロ並みの仕上がりと保ちが期待できます。

ネイルサロンでしたネイルにも、その後で自分でトップコートを23日に1度塗ると、ぐっと長持ちするそうですよ。

ぜひお試し下さい!



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ