セルフジェルネイル フレンチのやり方とコツは?



sponsored link

今回はぜひ挑戦してみたいネイルの王道、フレンチの作り方についてです。

バランス良く描くことが難しそうに思われがちですが、コツとポイントをきちんと押さえておけばきっと大丈夫! 焦らずじっくり試してみてください。

 



sponsored link

 

キレイに仕上げる必須アイテム

 シンプルなフレンチネイルは シンプルだからこそ、キレイなカーブを描くことがポイントです。そのための必須アイテムを準備しましょう。

  ・ベース用のクリアジェル

  ・フレンチ部分のカラー(ここでは白を使います)

  ・フレンチ用の斜めにカットされた筆

この中で最重要アイテムとしてチェックしておきたいのが〝フレンチ用の筆〟。

筆先が斜めになっているので、フレンチラインにぴったりフィットして思い通りに描けます。

筆には、幅とカーブ度合いの異なった種類があるので使い分けてもいいかもしれません。

 

簡単!ステップでフレンチネイル

難しそうに見えるフレンチネイルですが、この筆を使うコツさえ覚えれば描けちゃいますよ。

 1. ベースカラーを塗る

ベースになるクリアジェルを塗り、硬化します。

 2.先に右側から塗る

ジェルブラシ フレンチの先端にカラージェル(マットホワイト)を少量とり、筆の毛の長い方を右に向けて爪にジェルをのせます。

そのまま爪先に向かって引っ張るように色をのせていきます。

naility37-02

naility37-03

掲載元:nelpala

3.  次に左側を塗る

左も同様に爪先に向かって引っ張ります。

naility37-04

掲載元:nelpala

反対側のラインを撮るときは筆をひっくりかえして同じように左サイドからラインをとります。

 

4.全体を馴染ませる

自然なカーブになるよう上から何度かなぞって馴染ませます。

naility37-05

掲載元:nelpala

このきれいなカーブを10本揃えて描くことが、フレンチネイルの一番難しいところ!

必要であれば同じ手順で2度塗りして硬化させましょう。この4ステップで、左右同じ曲線のきれいなフレンチの出来上がりです!

 

キレイなフレンチラインのための裏技!

それでもどうしてもキレイなラインを描くことが無理! そんな時はアイテムに頼りましょう。

それは〝ガイドテープ〝です。

今はフレンチラインのラインを作る専用もので、シンプルな浅いカーブのものや深いカーブのもの、またハートの形のラインまで様々な種類のテープが売られているので是非探してみて下さいね。

 

まとめ

”フレンチネイルが出来たら1人前”と言われているほど、フレンチは難しいデザインだともいわれています。

でも、流行に左右されないデザインだからこそ、自分で出来るようになったらセルフネイルのスキルが広がることでしょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ