ストーンを使ったシンプルなネイルデザイン5選!



sponsored link

シンプルなデザインはオフィスにもパーティにもシーンを選ばず使うことができますよね。

単にシンプルなだけでは少し物足りなくなってきたという方や、イベントがあるから少し雰囲気を変えたいという方にオススメなのはストーンアートです。

ストーンといってもカラフルなものやスワロフスキーを使用した上品なものなど様々な種類があります。

ストーンを置くだけでぱっと華やかになりますよ。それではご紹介します。

 



sponsored link

 

1. Vカットストーン

ワンカラーに1本だけ根元にVカットストーンをおいたデザインです。

掲載元: ネイルブック

派手になりがちなVカットストーンですが、ベースのカラーを肌馴染みの良いピンクやベージュにすると上品に見えます。

Vカットストーンを3つ組み合わせて立体にするのも存在感と輝きが増しますが、Vカットストーンを1つのみ使用し、その周りに他の大きさのストーンを組み合わせるのも素敵です。

 

2. カラフルストーン

モノグラム風に置かれたストーンがかわいいネイルです。

掲載元:ネイルブック

ストーンがカラフルな分、ベースカラーや他の爪はシンプルに。

できれば白がベース色の方がモノグラムの雰囲気がより多くでます。

天然石を思わせるような少し質感の違うストーンを混ぜるのもコツです。

ストーンの周りにはブリオンを置いてより強調しましょう!

 

3. モチーフ

ストーンでリボンやハートを形作ったデザインです。

ジェルで描くデザインよりも存在感が増して、目立たせたい時にピッタリです。

リボンモチーフ

掲載元: ネイルブック

手描きでは少しカジュアルになってしまうリボンも、ストーンを使えば上品な印象になります。

真ん中のストーンのカラーを変えるのもワンポイントですね。

 

ハートモチーフ

掲載元:ネイルブック

親指だけではなく少し小さめのハートを他の爪にも置くと統一感がうまれます。

ラメでハートを描き、その上にストーンを置くことでよりキラキラしたハートになります。

 

4. ビジューネイル

ビジューはフランス語で宝石という意味。

その名の通り1本の爪にストーンやパールを敷きつめたデザイン。

宝石箱を開けたような輝きが目を引きます。

掲載元: ネイルブック

せっかくのビジューネイルを目立たせるために、他の爪にはストーンを控え目にするのがオススメです。

大きさの違うストーンやパール、スタッズを組み合わせるのがポイントです。ショートネイルにもピッタリ!

 

5. 根元にストーン

爪の根元にライン上にストーンを置いたデザイン。

掲載元: ネイルブック

ストーンを縦長にラインがでるように置くことで指まで美しく見えるデザインです。

 

まとめ

ストーン1つだけでも印象が変わるネイル。

様々なデザインをご紹介しましたが、爪の根元に1粒ずつストーンを置くだけでもふとした瞬間に指先が光るので綺麗ですよ。

ぜひお好みのデザインを試してみてください。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ