ネイリストの検定や資格取得に必要な料金・費用は?



sponsored link

ネイリストを目指そう!と思った方へ、何事も新しい事を始める時はどのくらいお金がかかるのか気になりますよね。
勉強するにはお金がかかるし…と迷っている方へ検定取得にかかる費用をご紹介します。

・スクールに通う場合
・通信教育で勉強する場合
・独学で勉強する場合

上記3つの場合にかかるそれぞれの費用を紹介します。



sponsored link

スクールで学ぶ場合

・入学金 (3万円前後)
・3~1級までの道具 (6~10万円)
・授業料 (60万~90万円)

上記がだいたい各スクールで共通してかかる費用です。
さらに教材代がかかるようですが、授業料に含まれているところもあるようです。
スクールによって金額は異なりますが、3~1級までの取得コースは上記の費用を含めて70万~100万円なようです。
スクールが自宅の近所にあれば関係ありませんが、少し遠くまで行く必要のある方は交通費も考慮した方がいいかもしれません。

通信教育で学ぶ場合

費用はだいたい各スクール共通していて
道具あり 約12万
道具なし 約5万

と道具があるかないかで選べるようです。
大手スクールでは通学と通信教育のどちらも用意しているところもあります。
通える範囲にネイルスクールがないという方にオススメです。
自宅で学べるのは小さいお子様がいる方にもピッタリですよね。
先ほど述べた通学の際の交通費は考慮しなくてよいですね。

独学の場合

必要になってくるのが大まかに下の2点です。

・検定に関わるすべての道具
・実技・筆記試験対策

道具は6万~10万あればそろうのではないでしょうか。
スクールや通信教育についているセットの道具とは異なり、自分の好きなメーカーやこだわりをもってそろえることができますよね。

実技についてはNPO法人日本ネイリスト協会より実技についてのテクニックを学べるDVDが発売されています。
ネイリスト検定とジェルネイル検定すべてのレベルのDVDをそろえると約25000円です。
また、筆記試験は公式問題集や過去問題集、ネイルの理論やテクニックを学べるテキストなどが販売されています。こちらもすべてそろえると約15000円です。
必要なもののみ購入される方も多いようです。

3つの学び方に共通する費用

検定料

各検定を受験するにあたって受験料がかかります。
受験するたびにかかるので1発合格を目指すのがコストを抑える秘訣になりそうですね。

用具・用品の追加購入

学んでいくにつれて自分にあった道具やお気に入りのメーカーが見つけると思います。
また、たくさん練習すればするほど、ポリッシュやファイル類などの消耗品を買い足す必要があります。

交通費

スクールに通う際の交通費は先ほど書きましたが、試験会場に行く際やモデルさんとの練習の際など公共交通機関を使わなければならない場合は意外とバカにならないのではないでしょうか。
私の場合は、交通費は往復で1000円までをめどにしていました。
お互いがモデルをやる相モデルの場合は交通費はそれぞれ負担でしたが、モデルさんに練習を付き合ってもらう場合は交通費とさらにちょっとしたお礼を渡す場合が多いです。
お礼にジェルネイルをしてあげる方もいます。
こういった出費が塵も積もれば山となります。
近場でモデルさんを探したり、練習できたらいいですね。

まとめ

3つの学び方をご紹介しましたが、ご自身のライフスタイルに合うものは見つかりましたでしょうか。
無理なく続けるためにも、ぜひ参考にしてみてください。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ