ジェルネイルの資格や検定は主婦でも取れる?



sponsored link

毎日家事や育児に忙しい主婦の方の中にも自分の爪でジェルネイルを楽しんだり、友人にしてあげたりしている方も多いのではないでしょうか。
いつかはネイリストとしてサロンで働いてみたいと思っている方も、今よりスキルアップしたい!と思っている方にも、ジェルネイルの資格や検定は主婦の方でも取得できるのかを説明していきます。

ジェルネイルの資格って?

一般の方が多く受験する日本ネイリスト協会主催のジェルネイル検定を取得についてご紹介します。
詳しい資格内容についてはこちらの記事をご覧ください。
ネイルに関する検定や資格の種類と特徴は?

初級・中級・上級とレベル分けされていて、初級で基本的なテクニックを学びます。
ご自分でされたり、趣味の範囲であれば、初級の知識だけでも十分かと思います。
初級の合格率は70%前後と言われています。

初級であれば独学で受ける方も多いです。
ちなみに私は初級試験受験時にネイリスト検定3級を持っていたため第1課題は免除でした。
普段ジェルネイルをしていて初級レベルの知識と技術はあったため、独学で受験し合格をいただきました。
きちんと勉強し、練習時間が確保できれば取得は難しくありません。
主婦の方で大変なのは練習や検定に出かけることではないでしょうか。
つまり周囲の協力なしでは受験できないのです。

中級・上級は長さ出しが課題にも入ってくるので難易度拘束時間もぐっと上がります。
すべての級の取得を検討されているのであれば、長い目でみて練習を進めていく事をオススメします。

ジェルネイル検定取得のメリットとデメリット

主婦の方でも努力と周囲の協力次第で資格取得はできるので、メリットとデメリットをご紹介します。

メリット

・人気のジェルネイルの知識が得られる
正しいやり方を知らないがためにジェルのモチが悪くなってしまう事もあります。
モチが悪い→オフする(削ったりアセトンを使う)→ジェルをのせる
を短い期間で繰り返すと爪はペラペラになっていってしまいます。
ネイルケアも試験内容に入るため、ネイル全般の知識と技術が身につきます。
簡単にできるようで注意すべきポイントは多いのです。
ご自身や友人にも安全にジェルネイルを楽しんでもらいたいですよね。

・臭いがあまりでない
初級と中級の第1課題まではポリッシュのカラーリングがありますが、ジェル自体は匂いがほとんどありません。
ポリッシュやアクリルの臭いは換気をしても部屋に充満した空気は消えませんよね。
小さなお子様がいる主婦の方にも臭いで迷惑をかけることなく練習に集中できるのではないでしょうか。

デメリット

一方、ジェルネイルの検定を取得するのに主婦の方が懸念されることは

・検定日が土日
ご家庭によっては土日にお子様を預けるのが難しかったりしますよね。

・検定開催日が半年に1回
6月と12月のみの開催なので、学校行事やイベントとかぶってしまい検定を半年~1年見送る主婦の方もいました。

・注意すべきこと
ジェルは削る際にたくさんダストがでてしまいます。
そのダストをお子様が吸ってしまわないように注意する必要があります。
ジェルはアレルギーになってしまう方もいるようなので、管理にも気をつける必要がありますね。

まとめ

小さなお子様がいて忙しい主婦の方でもうまく空いた時間を利用していけば資格はとれます。
周囲の理解と協力が必須ですが、今主流のジェルネイルの資格を計画的に取得してみてはいかがでしょうか。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ