爪が伸びると痛い!原因と対策は?



sponsored link

爪が伸びる時の痛みについて質問されることがあります。

main

掲載元:サクラリゾート

人によって違うとは思われますが、痛みを感じるのは、特に「爪が少し伸びてきたかな」という状態になった時なのだとか。

今回は「爪が伸びる時の痛み」の原因と対策について調べてみました。

 



sponsored link

 

もしかして〝陥入爪(かんにゅうそう)〟では?

痛みを感じる時、爪と皮膚の状態をよく観察してみてください。爪が皮膚に刺さり炎症を起してはいないでしょうか。

爪の先端または側面が、爪のまわりにある皮膚にくい込んだ状態を陥入爪(かんにゅうそう)」といいます。また、爪のわん曲が強い状態をき爪」ともいいます。

実は「陥入爪」と「巻き爪」は同時に起こっていることが多いのだとか。陥入爪が悪化すると、炎症や感染を併発して、赤く腫れて強い痛み生じます。

 

深爪が原因

陥入爪は巻爪と症状が似ており、どちらも深爪が原因になっていると考えられています。

d0124259_0132178

掲載元:ラクジュネイル

本来、爪は白い部分を残す程度に切ることが理想的。ですが、多くの方は清潔を保つために深く切りすぎている傾向があります。

すると指の先端の肉は盛り上がってしまいます。そこに新しく生えてきた爪の先端が刺ささると、痛みを引き起こす・・というわけです。

この痛みを取り除こうと、さらに深く爪を切り込ん出しまう人がいます。

深爪の間は 一時的に痛みが無くなるのですが、爪が伸びてくるにつれ、食い込みはより一層強く、痛くなります。その痛みに耐え切れず また深く爪を切りすぎるの繰り返しで 悪循環を引き起こします。

深爪⇒爪が伸びる⇒痛み⇒深爪

このサイクルは巻き爪と同様です。

深く食い込んだ陥入爪は、柔らかい爪の下の皮膚の組織が傷つけられて さらに傷に細菌が侵入すると赤く腫れあがり、化膿する場合もあります。痛みは更に激しくなっていきます。

 

陥入爪を治すために

陥入爪を治すためには2種類の治療法があるといいます。

保存的治療

患部を清潔にして軟膏を用いる方法、テーピングで固定する方法、ワイヤーを使って固定する方法など。また細菌が侵入してしまった場合は抗菌内服薬を服用する場合もあります。

外科的治療

専門医によって麻酔を打ってフェノール剤という薬剤を塗って治療する方などや手術療法があります。陥入爪の手術は整形外科、形成外科などで 多く手がけられるようになりました。いずれも医師の診断を受け治療を進めましょう。

 

まとめ

陥入爪の原因となるのが深爪。

清潔にしようとついつい爪を切りすぎてしまうと指先の皮膚が傷つきやすくなってしまうのですね。

指先には毛細血管が多く集まっているので、外傷や感染に非常に敏感な部分だそうです。

幼児が爪噛みをすることがありますが、その場合も深爪になりやすく、注意が必要らしいです。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ