独学でネイルの検定・資格を取得する場合は何から始めたらいい?



sponsored link

ネイリスト

自分でネイルをやってみたい

と普段ネイルサロンに通われている方も1度は思ったことがあるのではないでしょうか?

でも資格をとるには、お金も時間もない。小さな子どもがいる。

など、独学を選ぶ方の理由はそれぞれだと思います。

なにから始めたらよいかわからないと先へは進めません。

試験も種類が多くてよくわからないですよね。

まず、ネイルの試験に関してはこちらの記事をご覧ください。

ネイルに関する検定や資格の種類と特徴は?

独学の方が取得を目指すのはJNECのネイリスト検定とJNAのジェルネイル検定がほとんどだと思いますので、この2つの検定を取ることを前提としてご紹介していきます。

 



sponsored link

 

まず始めにすること

道具購入

・問屋さんについて
独学の場合、スクール生と異なり登録できない問屋さんがあります。

もちろん一般の方も登録できる問屋さんもありますが、メーカーや用具が限られてきてしまいます。

問屋さんはプロの方の専用な分、割引がしてあります。

定価より20~40%安い場合もあります!この差はかなり大きいですよね。

たいていはネイリスト検定3級以上取得で登録できるので、まずはそこを目指して練習するのがよいのではないでしょうか。

 

・検定用品について
ネイルの用品は安いものから高いものまで幅広く売られています。

実はプロらしい道具を使っているかも見られています。

登録できなくても、問屋さんのオンラインショップなどで検定に対応している商品を見ることはできるかと思いますので、安いからといって適当な物を買わないようにしましょう。

高い商品は手入れをすれば長く使えるものが多いですよ。

 

検定要項の取り寄せ(インターネットでもみれます)

試験の内容、特に注意事項は検定ごとに変わってく場合があります。

前回の試験では許可されていたことが、今回の試験では減点・失格の対象になってしまうということもあります。

そのような間違いをしてしまわない為にも必ず熟読してください。

技術・筆記対策

技術と筆記に関しては最低限必要な教材をこちらの記事の「独学の場合」にて紹介していますのでご覧ください。

ネイリストの検定や資格取得に必要な料金・費用は?

 

・技術の勉強について
テクニックDVDは3級~1級、初級~上級と各級に分かれ販売されています。

このDVDではどのような流れで試験を進めてていけばよいのかわかるので、真似して完璧にするくらい練習した方がよいと思います。

・筆記の勉強について
公式問題集は販売されているので、そちらを覚えれば筆記は間違いないでしょう。

正直、暗記していれば必ずわかる問題ばかりです。

まとめ

独学で試験を受けていくということは、わからないことだらけだと思います。

まわりに聞く人がいないと不安になってしまいますよね。

わからないままなんとなくで初めてしまうと後々大変になってしまいます。

初めのうちにしっかりとやるべきこと、禁止されていることなどあらかじめ確認・理解した上で勉強していきましょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ