爪をきれいに伸ばす方法は?



sponsored link

ネイルアートを楽しむために、自爪を綺麗にしておきたいですね。

また、爪の美しさは健康のバロメーター。

健康的で清潔感のある自爪は女子力アップの必須条件のようです。

そこで今回は綺麗に爪を伸ばす方法を調べてみました。

o0500035912652391594

掲載元:プリナチュール

 

1.綺麗な爪とはどんな爪?

自爪の美しさ=健康

健康な爪は半透明な薄いピンク色のさくら貝のような色で艶があります。もともと爪には色がなく、健康な爪がピンク色に見えるのは、皮膚を流れている血管が透けて見えるから。

健康のバロメーターとされるのも、血流の具合で色が変化するためだそう。

「綺麗!」と思う人の爪は、

・ピンク色であること

・表面に凸凹がなく、なめらかであること

・爪を支えている部分が土台となって適度な大きさがあること

・甘皮が整えられていること

 

2.どうして爪は汚くなるの?

ネイルケアとして一番多いのが「伸びたら切る」。あなたもそう思っていませんか?

tumekiri_1

掲載元:オアシス

爪切りで切ってる?

硬い爪をパチンと爪切りで切ると爪自体の薄い層を剥がしてしまい、爪に大きな負担がかかります。二枚爪やひび割れの原因になるといわれ、ネイリストは「爪切り」を使うことをすすめません。

 

深爪気味に切っている?

深爪を続けていると、爪を伸ばしても白い部分だけ多くなってしまい、不潔な感じ見えてしまいます。また、爪を噛んだり、爪を剥がしたりする癖がある人も爪が小さく、薄くなってしまいがち。

 

ささくれやかさつき

爪の両サイドがささくれていたり、かさついて白く剥けていると、綺麗に見えません。

 

3.綺麗に爪を伸ばす方法は?

健康的な爪を“育てる”ためには、正しい爪のカットを行って、お風呂あがりに根元にオイルを塗ると良いようです。

 

爪のカット

・硬い爪を爪切りは切る衝撃で爪を痛めてしまいます。やすりを使うか、お風上がりなどの爪が柔らかくなっている時にカットするのがオススメ。

・まず爪の先端、次にサイド、最後にコーナーと削りながら少しずつ形をととのえていきます。両サイドを長めに残したスクエアカットは清潔感があってオシャレな印象です。

・爪は長すぎても不潔ですが、切りすぎると深爪、巻きづめなどのトラブルになってしまいます。白い部分が1~2ミリ程度残るように切るのが好ましいでしょう。

 

保湿する

・爪の根元部分(キューティクル)が乾燥していると、水分の足りない爪が生えてきて割れやすくなります。浸透力の高いネイル用のハンドバームなどを使うのもおすすめ

・オイルやクリームをつけたら、爪の根元から軽くマッサージをして適度な刺激を与えて血行を良くする

 

まとめ

爪を綺麗に伸ばすには、毎日のケアが大切です。

こまめな保湿だけでなく、洗い物の時は手袋をはめるなど、指や爪を酷使しないようするとも。例えば缶ビールのプルトップを開けるときは、オープナーを使うとか、袋ははさみを使って開けるなど指先に負担をかけないことも大切です。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ