ジェルネイルにひびが入った時はどうしたらいい?応急処置は?



sponsored link

何かをしているときにふと爪に違和感を感じることがありますよね。

ジェルネイルをしていると小さなひびは気が付かず、ひびがひどくなってから気が付がつくことがほとんどです。

爪にひびが入ってしまうと、見た目だけでなく様々な場面で不都合が発生します。

 

たとえば、頭を洗う時など髪が引っ掛かってしまい、そのたびに爪のひびも余計にひどくなってしまいます。

また、ストッキングをはく際にも爪が引っかかってしまい、伝線の原因にもなります。

このように、爪にひびが入るといいことなんて1つもないんです!

では、爪にひびが入ってしまった時はどうしたらいいのでしょうか?

ネイルサロンに行くことができればいいのかもしれませんが、どうしても都合が悪くて行けなかったり、予約が必要だったりするため、「すぐに!」というのは難しいかもしれません・・・

そこでこの記事では、そんな困った時の時の自分でできる応急処置の方法をご紹介します。

 



sponsored link

 

ばんそうこうなどで爪全体を保護する

ジェルネイル ひび 対策

指先を使うことで、ひびの入った爪が動いてしまうと亀裂がどんどんひどくなります。

最悪の場合は爪と皮膚のくっついている部分にまでひびが伸びると、痛みだけでなく出血も伴います。

そうなると、何もかもがつらくなってしまいます・・・

そこでおすすめの方法が

ばんそうこうです!

ひびがひどくならないように爪全体をばんそうこやテープなどで覆ってあげると爪が引っ掛かることもないので、悪化を防ぐことができます。

これでネイルサロンに行ける日まで持ちこたえましょう!

 

接着剤でくっつける

ポイント

最近では、ネイル用品も色々なところで目にすることが多くなりました。

ネイル用品の中にネイル専用の接着剤がありますので、ひびの入ったところに塗ってくっつけておきましょう。

当サイトのおすすめはこちらの接着剤!

ブラシが付いているので塗りやすいですし、爪の日々だけでなく自分でデコレーションする際にも役立ちます。

しかし、これは応急処置にすぎないので強い衝撃が加わるとすぐに取れてしまいます。

ちょっとした引っ掛かりを一時的に保護する程度に考えておいたほうがいいでしょう。

 

やすりでけずる

ひびがひどくないのであれば、やすりでひびが入った部分を削り落とすのも有効です。

引っ掛かりがなくなれば、ひどくなることもありませんからね。

ただ、普通のやすりを使うよりもこちらのガラス製のやすりを使うことをお勧めします。

ガラスだから水にも薬品にも強く、使用するうちに錆びていく心配もありませんし、手入れが非常に簡単なんです!

しかし、その時に爪切りを使うのは厳禁です!

爪切りは爪に相当な圧力がかかります。

そうなると爪を切るときにわれた爪が余計にひどくなったり、ジェルがはがれたりする可能性もあります。

面倒くさくてもやすりで削るのをおすすめします。

 

まとめ

せっかくかわいいネイルをしたのにひびが入ったら気分も落ちますよね。

ひびがひどい場合は、痛みもありますし出血するケースもあります。

ひびの入った爪が元にもどることはまずないので、ネイルサロンで直してもらうのが一番早いのですが、スケジュールなどがうまく合わないとなかなか行けない場合もあります。

そんな時は、ネイルサロンに行く前にひとまずひどくならないようにしておくことが大切です。

あくまでも応急処置にすぎないので、出来るだけ早くネイルサロンに行ってお直しをしましょう。

また、出血など傷ができたばかりの時はネイルサロンでは治療行為はできないので傷がおさまってからの施術になります。

そうなる前に、ひびが入ったことに気が付いたら早めに直しておきましょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ