爪を厚く丈夫にする方法は?



sponsored link

ネイルサロンでの爪の相談で一番多いのが「爪が薄くて伸ばせず、困っている」というものだといいます。

健康のバロメーターにもなる爪ですが、健康な爪は半透明な薄いピンク色。さくら貝のような色で艶があります。あなたの爪はどうですか?

今回は、厚くて丈夫な爪を手に入れるにはどうしたらいいかをまとめてみました。

01_nail-care

掲載元:b.glenish!

 

1.爪が薄い原因は?

その原因は、「栄養の偏り」「冷え性などからの血行不良」「乾燥」の3つが考えられます。

 

栄養の偏り

偏った食事をしたり、過度のダイエットにより栄養のバランスが崩れ不健康な状態が続いたり、何らかの原因で爪に十分な栄養が届かなくなると、少しの衝撃や引っ掛かりで簡単に爪が割れてしまうことに。

爪の材料となるタンパク質の不足が考えられるといいます。

過度なダイエットによってタンパク質が不足し、爪が薄くなったり割れやすくなったり。爪の代謝に関与する亜鉛の不足も爪を脆くさせる一因になるそう。

足の爪が割れてしまい、靴下やストッキングを履くときに引っかかって痛い思いをしている方も多いのではないでしょうか?

 

冷え性などからの血行不良

血行が悪いということも爪へ悪影響となります。血行不良といえば冷え性などがありますが、これと関係するかのように、爪が割れやすいことで悩むのも多くは女性といわれています。

血液は体中へ栄養を運搬する重要な物質。その流れが滞ることは爪への栄養も不足しやすくなるということ。十分な栄養が供給されない爪は次第にもろくなり、割れやすくなると考えられます。

 

保湿

乾燥は爪にダメージを蓄積させていきます。

過度なジェルネイルによって爪の表面の水分がなくなり変化することも。

食器洗いで台所用洗剤を使うことによっても爪の油分と水分が奪い取られてるのできちんとケアすることが大切です。

 

 2.薄いまま放っておくとどうなる?

割れた部分が引っかかって、痛い思いをする可能性もあります。

爪切りを使用するとさらに割れることがあるので、爪ヤスリを使用して慎重に削ることが大切です。

ひどく爪が割れてしまい、血が出たり、中心部まで割れている場合は、消毒をして病院へ行くようにしましょう。爪が割れた場所からばい菌などが入ってしまう可能性もあります。

 

3.爪を厚く丈夫にする方法は?

食生活を見直す

まずは栄養の偏りがないか食生活を見直しましょう。

特にダイエットにも注意が必要です。無理な食事制限は控えてバランスのとれたメニューと運動でのダイエットをオススメします。

爪の材料となるタンパク質は肌や髪にとっても重要な栄養素。爪を厚くしていくためにも必要不可欠な栄養なので、しっかりと意識して摂りましょう。

鳥のササミや魚介類など、ヘルシーでもタンパク質の豊富な食材を活用してみてください。

 

手のマッサージ

マッサージを行って血行を良くするのも有効です。

tumemomi

掲載元:手もみマッサージ

栄養を摂取しても爪に十分行き渡らなければ意味がありません。血の巡りを良くすることで、効率よく健康的な爪を手にい入れることに。

手だけでなく脚もマッサージすることで、冷え性やむくみの改善も期待できるでしょう。

 

ハンドクリームなどで保湿ケア

乾燥を防ぐために、ハンドクリームを爪や爪周辺にまでしっかりと塗りましょう。爪の美容液などもありますので、そういったものを活用するのも良いですね。

 

まとめ

その状態で体調がわかると言われるほど、体のサイン表すとされる爪。

変色や変形が著しいようであれば、病気やストレス過多といったケースも考えられるそうです。

健康的な厚い爪を保つには、基本的には偏った栄養摂取を辞め、保湿ケアを入念に行っていくことが大切になってくるようです。

 



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ