ジェルネイルに使う筆の種類は?



sponsored link

手軽なジェルネイルをご自身で楽しまれている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に質問です。

筆の種類と用途は合っていますか?

なんとなくで使っていませんか?

筆の種類と特徴について知ることで用途に合った筆を選ぶことができるので、よりアートなどしやすくなると思います。

それではご紹介します。

 



sponsored link

 

筆の種類

  • フラット(スクエア)
  • ラウンド(オーバル)
  • フレンチ
  • グラデーション
  • アンギュラー
  • ライナー

筆の特徴と用途

フラット(スクエア)

imgrc0062773153
MITHOS ジェルブラシ フラット#4(パープル)【ミトス】

ベーシックな筆で、ベースジェルやトップジェル、カラージェルなど広い範囲を塗るのに適しています。

フラットな筆にも毛が長めのタイプと短めのタイプがあります。

imgrc0062773197

MITHOS ジェルブラシ ショートスクエア(パールブルー)【ミトス】

短めの方をショートスクエアという商品名にしているところが多いです。

ショートスクエアはチェック柄を描くのにちょうどいい幅なのでアートに使う事が多いです。

 

ラウンド(オーバル)

imgrc0062781076

MITHOS ジェルブラシ ラウンド【ミトス】

フラットと同じく、広い範囲を塗るのに適しています。

小さい爪のキューティクル付近を塗るのにちょうどよいようです。

※小さい爪に大きめのフラット筆で塗るとキューティクル付近をキレイに塗るのが難しいです。

 

フレンチ

imgrc0062784988

MITHOS ジェルブラシ フレンチ【ミトス】

その名の通り、フレンチネイルをする時の筆です。

斜めに毛がカットされているので簡単にラインを作ることができます。

アンギュラー

imgrc0062783935

KOKOIST ジェル用ブラシ スモールアンギュラー筆【ココイスト】

フレンチ筆より少し幅の狭い筆です。
フレンチネイルとしても使えますが、お花を描くのに適しています。
花びら1枚にちょうどいい大きさです。

グラデーション

imgrc0062786464

MITHOS ジェルブラシ グラデーション【ミトス】

グラデーションを作るのに適した筆です。

グラデーションのやり方は何通りかありますが、この筆の場合、筆の先にカラージェル、根元にクリアジェルをとり、横にスライドさせて描きます。

 

ライナー

imgrc0062789467

b-r-s GEL-bb ライナー #1【ブルーシュ】

アート全般に使える筆です。
長さや太さも様々なので、アートによって使い分けるといいと思います。

 

変わった筆

コーム筆

筆の毛がバサバサになっている筆です。

ツイードを描いたり、デニムの質感を出すようにザッと線を描いたりとアイディア次第でアートが広がる筆です。

問屋さんでの購入が主になるかと思いますが、古い筆のサイドや量を切って自作のコーム筆を作っている方もいます。

古くなった筆の再利用にはいいかもしれません。

ドットペン

01dot02n001t_pp

ドットペン 【小】

筆ではありませんが、棒の両サイドに丸い玉がついています。

好みの大きさに合わせてドットを描くことができます。

 

私はレオパード柄を描く時はドットペンを使います。

線の太さが均一にならないのがちょうどよく、アート筆では上手く描けないのです。

今は100円ショップでも売っているので試しに買ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

筆の使い方1つで仕上がりが全く異なります。

使用感の好みは人それぞれですが、今まで使ったことのない筆も挑戦してみると意外とやりやすかったり、ジェルネイルの幅が広がると思います。

用途に合った筆を使用し、ジェルネイルを楽しみましょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ