簡単にできる!ジェルネイルを長持ちさせる方法とコツは?



sponsored link

せっかくきれいなジェルネイルをしたんですから、長持ちをさせたいですよね。

ジェルネイルを長持ちさせるには、ネイルの施術技術が一番大切ですが、それだけでは長持ちさせることはできません。

プロはネイルを長持ちさせるために、その人に合ったネイルを施術します。

その人の爪に合わせてジェルも使い分けたり、生活習慣に合わせて施術方法を変えて、より長持ちさせるための工夫をしているんです。

でも、使い方によってはネイルの寿命も変わってきます。

そこで、今回はネイルを長持ちさせるためのちょっとした方法とコツをご紹介します。

 



sponsored link

 

意外!ゴム手袋

こちらは、家事の必須アイテムです。

爪は長時間お湯などの水分に使っていると柔らかくなってしまいます。

そうすると、爪も動きやすくなり強い力が加わるとジェルが剥がれやすくなってしまいます。

また、洗い物などをする時についつい爪でカリカリと汚れを取ったりしていませんか?

 

当然、爪に大きなダメージがッ!

 

しかし、ゴム手袋をしていると爪を直接使うことがないので、そんな心配はありません。

また、指先の乾燥からも守ってくれます。

手荒れ予防のためにもおススメです。

慣れるまでは、面倒くさいですがやるのとやらないのではジェルネイルのもちが全然違いますので、ぜひ試してみてください。

 

爪先を使わず指先で!

普段、爪先を何気なく使って生活しています。

シールをはがしたり、小さなことをする時に爪を使っていませんか?

お掃除の時に、爪先でカリカリと汚れを落としたり・・・

意外に使っていないようで指先ではなく爪先を使っていることが多いんです。

 

爪先を使うことは、すごく負担が大きくてジェルネイルもはがれやすくなります。

ジェルネイルが指先からはがれやすい方は、爪先を酷使してないかチェックしてみてください。

爪を使わずに生活するとなると、すごく難しいと思います。

なので、少しでも負担を少なくするようにしてみてはいかがでしょうか?

ネイルをしている人のためのグッズもたくさん出ているので、活用してみましょう!

そこで、代表的なものを紹介しておきます。

こんな商品を活用してみると爪への負担が少なくなりますよ!

 

オープナー

缶コーヒーやペットボトルなど軽く力を入れるだけで簡単に開けることができます。

これなら、爪に無理な力をかけなくてすむので安心です。

手軽に持ち運びが出来るものなので、普段からポーチなどに入れて持ち運んでおくと便利です。

 

お米とぎ器

色々な種類が出ていますが、シェイクするだけでお米をとぐことができる優れもの。

これなら寒い冬も冷たい水に手をつけなくてすむので助かります。

 

指先を保湿

乾燥はお肌にも爪にもよくありません。

しっかりと指先を保湿しておくことは大切です。

ネイル用のキューティクルオイルやハンドクリームなどを使ってしっかりと保湿してみましょう。

キューティクルオイルもネイルサロンでもネットでも手軽に購入できます。

香りも色々な香りがあるので、自分の好みの香りを選んでみてください。

ジェルネイルでせっかくきれいな爪にしていても、指先がささくれだらけだったり手荒れをしていたら残念です。

女子力UPのために普段からこまめに保湿をしておくといいですね。

 

ちなみにこちらは、現在人気のあるハンドクリームです!

すごくいい香りがすると女性の間では話題なんですよ。

まとめ

ジェルネイルをすると、爪の厚みも増えるので自分の爪が丈夫になったような気がしますが、ジェルが保護してくれているだけで爪本来の厚みは変わりません。

いつもだと割れてしまうような衝撃でも、ジェルがついているから割れずにすむこともあります。

そうなると、ついつい

 

まだ大丈夫!

 

と雑に扱ってしまいがちです。

しかし、雑に扱いすぎるとジェルもはがれてしまいます。

それを繰り返すと、爪も薄くなりジェルネイルのもちも悪くなります。

そうなる前に、爪の負担を少なくなるように心がけてみるといいと思います。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ