独学でネイル検定に挑戦するメリット・デメリットは?



sponsored link

自分でネイルをやっていたり、人にやってあげるのが好き、などすでにマニキュアやジェルネイルに挑戦した事ある方は多いと思います。

アートを自分で考えたり、やり方を調べて工夫してみたり。

そうしていくうちに検定に興味を持った方もいると思います。

人気のネイルの検定の取得を目指す中で、あくまで独学で勉強していく場合のメリットとデメリットを紹介していきます。



sponsored link

 

独学でネイル検定に挑戦するメリット

費用

独学の1番のメリットは費用です。

スクールに通うとどうしてもお金がかかってしまいますよね。

しかし、独学といえども必要な道具は自分で全て購入しなくてはいけません。

安いもので代用できるものもあるので、費用を抑える為にはそういった工夫が必要です。

時間

多くの人が独学を選ぶ理由が時間の融通だと思います。

小さい子どもがいて外出しずらかったり、仕事が忙しいなど、理由は様々だと思います。

独学ということは自宅で練習することが多いと思いますので、自分のあいた時間に勉強していくことができますね。

今の生活スタイルを大きく変えずに挑戦していきたいという方にはメリットが多いと思います。

 

独学でネイル検定に挑戦するデメリット

正しい知識

独学の方が途中で心配になることは、

「自分のしていることは本当に正しいのだろうか・・・」

ということだと思います。

今はブログでやり方を載せている方もいますが、

「この人はこうやって合格したから大丈夫」

そのまま真似するのはとても危険だと思います。

なぜなら、そのやり方が自己流だったり、情報が古かったり、当時はOKだったことも今の検定ではNGだったりするからです。

そういった判断は自分だけではできないですよね。

技術面での不安要素

ネイルの検定ではモデルさんを相手に実際に施術をしていきます。

その行程や動作も試験官に見られています。

当たり前のように行っていることも減点の対象かもしれません。

自分の動きがあっているかどうかは自分ではできませんよね。

知識を技術の面からたくさんの情報を自分で探し出し、身につけていかなくてはなりません。

そうすると合格までにかかる時間が長くなってしまう可能性もあります。

 

まとめ

独学でネイルの検定に挑戦する事のメリットとデメリットをご紹介しました。

費用を抑えたり、時間の融通がきいたりと今の生活スタイルを変えずに検定に挑戦できるのが独学のメリットだと思います。

しかし、デメリットでもご紹介したように正しい知識と技術を身につける事が独学では難しかったり、時間がかかってしまう場合があります。

いざ試験を受けてみて、

全然ダメだった・・・

なんてことになったら完全に時間の無駄です。

 

だから正しい知識と技術を身につけることが大切なんです。

基礎からきちんと学んでいきたい場合は、ネイルスクールに通う事をオススメします。

ネイルスクールではエメリーボードの持ち方や用具の名称から、仕上がりまですべてみてもらうことができます。

同時に

「今までできていなかったけどよくなったよ」

など成長もみてもらえるのではないでしょうか。

数あるネイルスクールの中でもおすすめなのが、こちらのネイルスクールです。

⇒抜群の検定合格率!アフロートネイルスクールに資料請求する

まずは、ネイルスクールでどんなことを学べるのかを知るためにも資料請求をしてみてはいかがですか?

もちろん、資料請求だけなら無料ですよ。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ