最低限準備しよう!自分でネイルをする時に必要なものは?



sponsored link

最近では、セルフジェルネイルをされている人も多くなりました。

なんとなく、

 

自分でもやってみたい!

 

と思いますよね。

ネイルサロンに行ったことがなくて、なんとなく行きづらかったり、時間が合わない時など、大好きなネイルを自分の好きなようにデザインできたらうれしいですね。

ネイルサロンに通ったことがある人は、なんとなく手順や必要な道具がわかりますが、初めてだと何が必要なのかわかりませんよね。

ジェルネイルに必要なアイテムが揃っているスターターキットも販売されているので、わからない場合はこちらを購入してみるのもいいかもしれません。

そこで今回は、全く初めての方に向けて、セルフネイルに最低限必要なものをご紹介します。

参考にしてみてください。

 



sponsored link

 

ネイルファイル

爪の長さや形を整えるために必要なのはネイルファイルです。

俗に言う爪やすりですね。

ジェルを塗る前に自分の好みの長さにして形も整えておきましょう。

ジェルネイルをしていないときも、ネイルファイルがあれば、爪の形を整えることができるのでお家に1本あるといいですね。

デザインもサイズも色々とあるので、選ぶのも楽しくなります。

その中でもおすすめなのは

ガラス製のネイルファイル

 

 

ガラス製なので錆びることもありませんし、お手入れも水で洗い流すだけでOKなので清潔です!

 

ジェルを塗るときに必要なジェルブラシです。

サイズも質も種類が豊富ですが、何よりも自分の使いやすいものを選んでみたらいいと思います。

 

 

慣れてきたら、

こんな時にはこんなブラシのほうが使いやすい!

とわかってくると思います。

まずは、大きすぎず小さすぎない普通サイズの筆が使いやすいかもしれません。

 

ベースジェル

 

マニキュアでいうベースコートのようなものがジェルにもあります。

カラージェルを塗る前にベースジェルを塗っておきましょう。

これを塗らないと綺麗な仕上がりにすることは出来ません!

 

カラージェル

種類も豊富なので何を選んだらいいのか迷います。

まずは、自分の好きなカラーがあるかどうかや塗りやすさなどを基準に選んだらいいと思います。

カラージェルは実際に使ってみないと使いやすさや発色はわからないので、値段と相談しながら試してみるといいかもしれませんね。

自分に合わないものをたくさん購入してしまわないようにしないといけなないので、好みのジェルが見つかったら、同じメーカーのカラーを揃えてみると間違いがないかもしれません。

 

トップジェル

最後の仕上げに塗るジェルです。

ある程度の強度も出せるものが多いので、最後にしっかりとコーティングをして仕上げましょう。

最近では、ふき取る必要のないトップジェルも販売されています。

こういった商品を使えば、気軽に自分でネイルを楽しむことができますよね。

 

アートグッズ

シールやストーンやネイルパーツなどアートをするのに必要なアイテムです。
中でもっとも簡単なのがネイルシールです!

自分で絵を書くことは難しいですけど、シールを貼るだけなら簡単にできますよね。

こういったグッズを使いながらデザイン力を上げて、好きなデザインを作ってみるといいかもしれません。

種類もたくさんあるので、ネイル用品を扱っているお店なら必ず置いてあります。

デザインの見本も一緒に置いてある場合もあるので、参考にするといいですね。

 

ライト

ジェルを固めるのに必ず必要なのが、ライトです。

これがないとジェルが固まらないので、必ず準備をしておきましょう。

ライトも、お手軽にできる小さめのものもありますので、まず試しにやってみようかな…と思うなら小さめのサイズから始めてもいいと思います。

 

まとめ

ジェルをするために最低限必要なものを集めてみました。

初めての方に向けてスターターキットも販売されています。

ジェルネイル スターターキットは購入後の質問も、通信教育を受けているのと同じ、ネイルスクー...

こういったものを利用することで、こまごまと色々な物を集めるよりもお手軽に始められると思います。

ネイル用品は、いろいろと集めたくなってしまうので

 

気が付けば高額な買い物になってしまった!

 

なんてこともあると思います。

また、自分で出来ると思って購入したけど、思ったより大変で…とネイルサロンに足を運ぶ方もけっこういるので、そうならないように、まずは簡単なセットで試してみてからでもいいかもしれないですね。

そして、何よりも大切なのは、ちゃんと説明書を読んで正しいやり方でやりましょう!

間違ったやり方は、爪を痛めることにもなりますので、気をつけないといけませんよ!



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ