通信講座でネイル検定合格に挑戦するメリット・デメリットは?



sponsored link

あなたはネイルの検定を挑戦するにあたって、どのように勉強しますか?

できれば効率のよい方法で勉強して、どんどん資格を取得していきたいですよね。

ネイルスクールに通うか通信教育でコツコツ勉強するか…

どちらも良い方法だと思いますが、今回は通信で学ぶ際のメリットとデメリットを紹介していきます。

 



sponsored link

 

通信講座で挑戦するメリット

費用

独学で勉強している人とコスト面では敵いませんが、ネイルスクールに通うよりは格段に安いです。

大手スクールはネイルスクールと通信とどちらも行っているところもあるようです。

テキストや道具はスクール生と同じなので安心ですね。

自宅で学べる

多くの通信の教材はテキストとDVDだと思います。

学習方法はテキストとDVDをみて練習していき、添削してもらうという流れだと思います。

そうすると自宅での練習が主になるので、長い間家をあけられない方や仕事の前後に学習したいなどお忙しい方にもオススメです。

 

通信講座で挑戦するデメリット

添削までの時間

通信教育の多くが

チップにポリッシュやジェルなどを塗ったものを送って先生が添削し回答してくれる

というスタイルをとっていると思います。

写真を送ってみてもらうところもあるようですが、いずれにせよ回答までには1週間前後かかってしまいます。

すぐにでもダメ出ししてもらいたいところを、1週間も待つのは試験前など切羽詰まっている時には向かないかもしれません。

技術チェック

スクール生と異なり、チップや写真での添削だと実際の施術をみてもらうことができません。

実際の検定ではモデルさんに施術しているところをチェックされるので、いくら仕上がりが綺麗でも施術スタイルが例外であれば不合格になってしまう可能性もあります。

 

まとめ

これまで、通信教育でネイルの検定に挑戦することのメリット・デメリットについて紹介しました。

スクールに通う余裕はないけど、勉強したいという方にはもってこいの方法です。

 

しかしデメリットにもあったようにネイルについての正しい知識を身につけたいのだったらネイルスクールに通うことがおすすめです。

教材は同じとはいえ、プロのネイリストから実践的な技術を学べるのはすごく魅力的ですよね。

ネイルスクールはたくさんあって迷ってしまうと思います。

そんな中でもおすすめなのはこちらのネイルスクールです。

⇒抜群の検定合格率!アフロートネイルスクールに資料請求

ネイルスクールと通信の差をみてみるためにも資料請求してみてはいかがですか?



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ