独学でネイル検定試験に合格するのが難しい理由とは?



sponsored link

女性がなりたい職業として今、人気の

〝ネイリスト〟

美容師のように国家資格が必要ではありません。

専門学校やスクールに通わなくても、独学で勉強しながらネイリストを目指す人もいるでしょう。

でも、実際には、ネイル検定の突破は独学では難しいといわれています。

今回の記事では、なぜ独学では難しいのか、また、ネイル検定に合格する近道について考えてみたいと思います。

 



sponsored link

 

独学で資格取得が難しい理由

試験対策が十分できない

試験は学科と実技に分かれています。

知識と技術があってこその資格です。

学科と実技、いずれも合格ラインに達するためには、効率的な試験対策もポイントになってきます。

 

学科

ネイル検定試験の筆記試験では、ネイリストとして必要な知識が問われます。

  • 3級 60問(30分)
  • 2級 80問(35分)
  • 1級 100問(45分)

どの検定も合格ラインは80点です。

問題数が多いので、あっという間に終了ということにも。

筆記試験自体はそれほど難しいものではないのですが、

  • 爪の構造
  • 名称
  • 爪の病気
  • 器具

など、出題範囲は広く、詳細にわたって暗記することがたくさんあります。

それらの知識を要領よく独学で学ぶのは、やはり大変な作業となってくるでしょう。

 

スクールでは過去の出題記録から、だいたいどの部分が出るかという出題傾向を教えてもらうことができます

特に出題されやすい重要な内容をしっかり覚えれば、ほぼ合格することができるでしょう。

独学の場合、

「とにかく暗記して、過去問をやりつくした」

という人がいます。

とてもすごいことですが、膨大な量を暗記しないといけなくなると、とにかく時間がかかり資格取得への道が遠のいてしまいそうです。

 

実技

実技試験では、

  • 甘皮ケア
  • 赤のマニキュアの1色塗り
  • アート
  • チップラップ
  • スカルプ

と様々な種類を短時間でこなさなければなりません。

実技試験での大きなチェックポイントは、テクニックの行程と仕上がりです

行程のチェックは、基本的に3人の試験官が見回る形で行われます。

減点方式なので、綺麗に仕上がっていても、手順が間違っていれば確実に落とされてしまいます。

これらの技術を独学で身につけるのは、厳しいのが現実でしょう。

 

書籍や動画の落とし穴

最近、通信講座などでもネイルを学ぶことができます。

ですが、紙面での説明やDVDなどの動画で見ただけでは、細かな技術を習得していくことは難しいと言われています。

というのも、制作している時の視線、心配り、筆の角度など、実際に見ながら、感じながら体得していくことが多いからです。

習い事でもなんでもそうだと思いますが、ネイルに関しても同じです。

実際に先生と面と向かって、自分自身の制作手順などを見てもらい、できていないところを指摘してもらうだけで、かなり早く上達することができます。

 

ネイル検定で合格する近道は?

ネイルの技術を身につける為には、プロの指導を実際に受けた方が確実に身につきます。

スクールでは、認定講師による実技のレッスンを受けることができます。

そのため、プロの技術を目の前で見て、そして指導を受けて学ぶ事ができるのです。

これが、ネイルの技術を身につける為には、最も重要なことだと思います。

 

ただ、学校へ通うということは、費用もかかります。

大体20万~100万くらいと言われています。

もちろん費用に見合ったメリットもあります。

検定試験に対する情報が多い

今回の試験ではこの辺が出るという情報が事前に入ってくるので、効率よく試験勉強ができます。

就職先も紹介

初めてだと、なかなか就職先がみつからないものですが、スクールで紹介してくれるのでネイリストとしてのデビューも見通せます。

 

まとめ

ネイル検定試験をクリアしていくための勉強法はろいろありますが、確実に資格をとるためには、独学よりも、スクールへ通うことが早道となりそうですね。

そんな中でもおすすめなのはこちらのネイルスクールです。

ネイル検定合格を目指して、資料請求してみてはいかがですか?



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ