ネイルを学校で学ぶ際にかかる費用は?



sponsored link

ネイルスクールに通うにあたって1番気になるのは費用

という方も多いのではないでしょうか。

安ければ安いほどうれしいものですよね。

最低限かかる費用は各スクール共通していると思います。

費用からみるネイルスクールの選び方をご紹介していきたいと思います。

 



sponsored link

 

ネイルスクールにかかる費用は?

3級から1級まで取得する場合、ネイルスクールにかかる費用はだいたいですが以下のとおりです。

  • 入学金(1~3万円)
  • 教材費(6~10万円)
  • 授業料(60~90万円)

総額で70万~100万円程度です。

それに定期などがなければ通うたびに交通費がかかるので、遠方の場合は交通費も考慮した方がよいでしょう。

 

安いネイルスクールと高いネイルスクールの違いは?

どうして値段の差があるの?

決して安かろう悪かろう ではありません。

値段が高いということは以下の利点が加わっていると言えます。

  1. 高いお金を出してでも雇いたい講師がいる
  2. 好立地
  3. 材料費が授業料に含まれている

1.高いお金を出してでも雇いたい講師がいる

講師は基本的に認定講師です。

しかしネイリスト検定1級とジェルネイル検定の上級しか取得していない講師も働いている可能性もあります。

合格率約10%の試験に合格していた認定講師は人数も限られてくると思いますので、やはりお給料の面も異なってくるでしょう。

2.好立地

土地の金額は地域によって異なりますが、駅近のビルだと家賃が高い可能性があります。

3.材料費が授業料に含まれている

単に授業料が高いのは教材費が含まれているからという場合もあります。

検定当日や自宅で練習用の用材は自分で購入しますが、授業や自習で使うものは全てスクールにあるものを使ってもOKというところもあります。

どっちがオススメ?

安くてもメリットが多いように思えますよね。

しかし注意すべきは、安すぎて経営面がうまくいかず閉校してしまうようなところです。

JNA認定校だからと言って必ずしも閉校しないとは言い切れません。

講師の方も手を抜いて教えているということは決してないと思います。

 

しかし

モチベーションの部分で差があったら?

など心配なこともあると思います。

また、大手のスクールが費用が高い傾向があります。

やはりブランドネームは卒業してからもついて回りますので、価値はあります。

総合的に見ると少しくらい高くても損はしないと思います。

まずは1つ1つネイルスクールを値段の他にもどんな利点があるかなど比べてみるといいと思います。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ