実は危険がいっぱい?セルフジェルネイルの注意点は?



sponsored link

ジェルネイルをしているとテンションもあがります。

指先がきれいだと人に見られることがうれしくなりますよね。

また、爪にコンプレックスがある場合も上手に隠してカバーすることができると嬉しくなります。

そんなジェルネイルだからこそ、

 

もっと気軽に簡単にしてみたい!

 

と思いますよね。

 

ネイルサロンに行ったことがないと不安ですし、時間がうまくとれなかったりすると、なかなかネイルサロンに足を運ぶことができません・・・

でも、そんな時に

 

自宅で自分でできたら・・・

 

なんて思いませんか?

 

 

最近では、セルフジェルネイルのグッズもたくさん販売されているので、自分で手軽にチャレンジしやすいと思います。

でも、使い方を間違えたらやはり危険な思いをすることも知っておく必要があります。

そこで、セルフジェルネイルをする際の注意点を挙げてみました。

参考にしてみてください。

 



sponsored link

 

清潔に保つ

サロンでは徹底されている衛生管理ですが、自宅に置いてあるとそこまで気にしないですよね。

使ったまま放ったらかしにしてしまうと細菌が繁殖してしまう可能性が高くなってしまいます。

また、爪の表面もいろいろな菌が付着しています。

しっかりと爪の表面をきれいにした状態でジェルネイルをしないと菌を閉じ込めたままになってしまいます。

そうなると緑膿菌という菌が繁殖することによりグリーンネイルという緑色の爪になってしまいます。

グリーンネイルの場合は、サロンでは施術をお断りし、専門医への受診を勧められます。

ですから、使用する器具などの衛生管理は徹底して行いましょう!

 

ジェルを付ける時

ネイリスト

ジェルネイルをつける時は、表面を軽く削ります。

その時に削りすぎると爪を薄くしてしまう原因になります。

あまりにも薄くなりすぎた爪は、割れやすくなったり、ジェルネイルのもちも悪くなります。

削りすぎには注意しましょう。

むやみに削るのは危険です。

表面を軽く削るだけで十分です。

と言っても、どれくらい削るのがちょうどいいのかは分からないと思うので、ネイルサロンに行った際に注意深く観察してみましょう!

 

ジェルをとる時

ポイント

ジェルネイルをとる時は、専用の溶液で溶かしながらとります。

ここでよくあるのが、なかなか溶けないからと無理やり剥がしてしまうことです。

無理やり剥がすことで、爪も一緒に剥がしてしまうことになります。

そうなると、爪が薄くなってしまいます。

また、ジェルと一緒にくっついている爪ごと割れてしまうこともあります。

 

ひどい場合は出血をともなうこともあるので注意が必要です。

また、削りながらとる時は爪を削らないように注意をしないといけません。

ジェルネイルだけを削るのなら爪を傷めることがないですが、爪を削っていることに気づかないと爪がどんどん薄くなっていきます。

もし、わからないようであれば溶液で溶かしてしまいましょう。

 

何度も付け直す

セルフジェルネイルをしている人でよく耳にするのは、

 

なかなか長持ちしない!

 

ということですね。

長持ちをしないと何度もジェルネイルを付け直さなければなりません。

そうなると爪の負担も大きくなります。

せっかく、ジェルネイルで爪を保護しているのに何度も付け直しをして爪を傷めてしまっては意味がありませんよね?

ジェルをとるとる時の溶液は、爪を乾燥させやすいので何度も繰り返してしまうと負担が大きくなります。

ネイルサロンでは、3週間~1か月位を目安にジェルネイルの付け直しをしているサロンが多いので、できるだけ長持ちをさせて爪の負担を少なくするようにしたほうがいいですよ。

 

まとめ

おうちで自分の好きな時間にできるセルフジェルネイルはすごく便利ですが、使い方を誤ると危険なこともあります。

一度、薄くなってしまった爪はすぐにはもとには戻らないので、しっかりとした知識を入れておく必要がありそうです。

まずは、しっかりと取扱説明書を熟読しておきましょう。

ジェルネイルでのトラブルも増えてきています。

自分がそうならないように気をつけないように注意しておきたいですね。

また、痛みや違和感を感じた時はすぐに使用をやめて、大きなトラブルになる前に専門医に行きましょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ