プロ並み!?マニキュアをムラなく綺麗に塗る方法!



sponsored link

ジェルネイル セルフ

セルフでマニキュアを塗るとどうしてもムラが気になる…

マニキュアによって塗るのが難しい種類があってどうしても毎回同じマニキュアを使ってしまう…

こんな悩みありますよね。

ネイルサロンでプロにしてもらいたいんだけど時間もないし、どうにか自分でも簡単に綺麗にマニキュアが塗れないのかと思われている方の為に、今回は自宅で簡単ムラのない綺麗なマニキュアの塗り方調べてみたので紹介します。

 

マニュキュアを塗る前の爪の手入れも重要!

実は、マニキュアを綺麗に塗る為には、塗る前の爪の手入れも必要なんです。

まず、マニキュア塗る前には爪にある甘皮という部分を処理しておきましょう。

甘皮は、爪の根本にある薄い皮の部分です。

 

甘皮は、爪と皮膚の間からの細菌等が入るのを防ぐ役目をしてくれる部分ですが、マニキュアを綺麗に見せる為には処理するのが必須です。

方法としては、お風呂やお湯に指を入れて置くなどで、甘皮を柔らかくし綿棒などで軽く上へ押し上げるだけです。

その際に、爪や爪楊枝などで無理やり押すと皮膚が傷付いてしまいますので気を付けて下さい。

普段の生活で爪に油分や汚れがあると、凸凹が出来るので塗ってもムラが出来やすくなります。

その為にも、マニキュアを塗る際はコットンや綿棒に除光液または消毒液を付けて爪の表面を拭きましょう。

もし、自宅にプレプライマーなどあればそちらを使いましょう。

 



sponsored link

 

マニキュアをムラなく塗る為のベースコートとトップコート

マニキュアを塗るまでの爪の手入れが終わりましたら次にベースコートとトップコートの塗り方です。

まずはベースコートを塗ります。

ベースコートを塗ることでマニュキュアからの色素沈着を防ぎ、爪自体を保護できますので必ず塗った方がいいでしょう。

塗る時は、手の平をテーブルに固定してから塗ると綺麗に出来ます。

 

ベースコートを塗る時は、何度も塗るのではなく爪先、表面にさっと塗りましょう。

コツは、根元から約1mmほどあけて塗ると綺麗に見えます。

マニキュアを爪に塗り終えたら最後は、トップコートで仕上げます。

トップコートは、マニキュアの輝きを強めマニキュアが剥げたりするのを防いでくれる役目もあり、何よりマニキュアのムラなどを光沢によって見えにくくしてくれるのです。

トップコートの種類にも、透明なものから、ラメの入ったものなどもあります。

マニキュアの種類別の綺麗な塗り方とは?

マニキュアには、マットなものからラメ入り、粒子の細かいパールのラメと様々ですよね。

ラメ入りは基本的に初心者でも簡単に塗れますが、マット系や粒子の細かいラメだとムラや縦筋が見えたり少し難しさが増します。

今回は、マットと粒子の細かいラメの塗り方を紹介します。

マット系をムラなく塗る!

  1. ハケに少なめに取ります。
  2. 爪の表面を3等分に分け素早く真ん中、左右と3回に分けて塗ります。
  3. 少し時間を置いたら、もう一度同じように3回に分けて塗りましょう。

慎重にとついつい、丁寧にゆっくり塗ってしまいがちですが、そうすることで、水分が蒸発してムラになる原因になるのです。

爪のきわの部分は、ハケ先を爪にあて少しつぶすような感じで塗りましょう。

塗る時は、1度爪にハケを置いたら爪から離さずに、滑らせるようにして塗ります。

マット系は1度塗りだとあまり綺麗に色が目立たないことが多いので基本的には2度塗りが多いです。

薄くスピーディーに何度か塗ることでカラー自体の綺麗さが目立ってきます。

ただ、乾いていない上から何度も塗ったり、量を多くとりすぎて塗る事は1番のムラの原因になります。

少し手間が掛かると思いますが、綺麗に塗る為にも我慢が必要です!

 

粒子の細かいラメ系をムラなく塗る!

  1. ハケにマニキュアを取ります。
  2. 爪の表面を3等分に分け素早く真ん中、左右と3回に分けて塗ります。
  3. 濃くしたい場合は、もう一度同じように3回に分けて塗りましょう。
  4. トップコートはラメの場合ラメ専用を1本用意しましょう。

基本的には、マット系と変わりありませんが、マットはムラが、粒子の細かいラメは縦筋が付きやすいマニキュアです。

スピーディー且つ、あまり何度も塗らない事やハケに取りすぎない事が綺麗に塗る為のコツです。

粒子の細かいラメの場合は、1度塗りした後ある程度乾いたら2度目はハケに多めに取って塗ると縦筋もあまり目立たないでしょう。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

マニキュアを自分で塗る時、なぜか何度もムラになってしまう。

どうしても綺麗に塗りたいのに…と

悩まれている方も是非、今回の塗り方を参考にしてセルフでもお洒落を

楽しんでみてください。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ