用途に合わせたネイルファイルの選び方は?



sponsored link

雑誌でもよく見かける

 

「ネイルファイル」

 

形や厚みが違うけど使い方が違うの?

どれを使っても大丈夫なの?

 

と迷いますよね。

そこで、今回はネイルファイルについてご紹介します。

 

ネイルサロンではネイルファイルを使い分けて使用しているのですが、

どんな時にどんなネイルファイルを使っていいのか分からない人も多いはず!

ネイルファイルを触ってみるとザラザラしているものからツルツルしているものまで色々な種類があります。

お家にあるネイルファイルを出してみて、触ってみると違いが分かると思います。

自分の持っているネイルファイルがどの種類なのかもちゃんと把握しておかないと綺麗なネイルにすることは出来ません。
ここでご紹介するネイルファイルがどれにあたるのかを照らし合わせてみましょう。

 



sponsored link

 

エメリーボード

 

エメリーボードと呼ばれるネイルファイルは、ジェルも何もついていない状態の素の爪を削る時に使うファイルです。

ネイルサロンではネイルケアをする時やジェルをつける前に爪の形を整えるために使っています。

厚みも薄いものが多いので見た目でもわかりやすいと思います。

紙でできたネイルファイルは、消耗品なので、削れなくなったら新しいものと取り換える必要がありますが、そうすることで、衛生的に使えるというメリットもあります。

 

ウォッシャブルファイル

 

見た目は厚みのある人口爪を削るためのネイルファイルで、エメリーボードに比べて重量感もあります。

ウォッシャブルファイルは、人工爪を削る際に使うファイルなので、これで何も付いていない爪に直接使うと必要以上に力が加わりやすくなります。

そのため、このネイルファイルを使用する場合は削りすぎたり爪への負荷がかかりすぎたりするので注意が必要です。

ネイルサロンでは、スカルプチュアなどの人工爪を作る際に形を整えたり、必要のない部分を削りとる時に使いますね。

 

スポンジファイル

 

ウォッシャブルファイルよりも厚みがあり、触った時にふわふわした感じのファイルです。

スポンジファイルは、触ってみるとそんなに目が粗くないのが分かると思いますが、爪の表面をなだらかにする時に活躍してくれます。

その他にも、ジェルを定着させやすくするために表面に軽く削り、細かな傷を入れる時にも使いますし、ネイルケアの際に表面に筋が入っていたりする時に表面を整えるためにも使います。

様々な場面で活躍してくれるなくてはならないファイルです!

 

シャイナー

 

触ってみるとツルツルしているファイルです。

マジシャンなどで爪がピカピカの人を見たことはありませんか?

ネイルケアでは、仕上げに爪をピカピカに仕上げますが、その時に爪につやを出す時に使うのがシャイナーです。

ジェルネイルをしない方でも1つもっておくと綺麗な爪を維持する時に重宝しますよ。

 

まとめ

ネイルファイルには、用途によって種類も分かれていることが分かっていただけたと思います。

セルフジェルネイルをする方などは、キットについているファイルを使用するのが間違いないかもしれません。

ちなみに、ネイルファイルには数字が書いてあります。

それは、ネイルファイルの目の粗さの違いを表しており、数字が大きいほど目が細かく数字が小さくなれば目が粗くなります。

目が粗いファイルは初心者には爪を傷つける可能性もありますので、注意が必要です。

この辺りのことは経験を積むしかないことだと思うので、いろんなネイルファイルを使ってみてどんなファイルが良いのか試行錯誤してみて下さい!



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ