これって巻き爪の前兆?早期発見して巻き爪改善しよう!



sponsored link

気付いたらもう既に巻き爪になってしまっていた。

最近、歩くと足先が痛いような…と思って爪を見ると巻き爪になっている方が多いと思います。

では、そんな巻き爪にも前兆などはあるのでしょうか?

巻き爪の前兆を知ることで早期発見に繋がり初期段階だと予防策で巻き爪改善出来ることもあります。

今回はそんな巻き爪の前兆と改善策について調べてみました。

巻き爪の前兆とは一体

巻き爪は年齢や性別に関係なく、誰にでも起こり得るものですよね。

しかも、巻き爪になった方の多くは気付いたらなっていたという方が大半なのです。

そんな巻き爪ですが、やはり実際には何かしらの前兆はあるのです。

ではどんなものがるのか。

巻き爪になりやすい傾向にある方にある特徴としては、爪全体的の乾燥・爪に白い斑点がある・爪の先が若干曲がっている・爪に縦筋があるなどです。

しかし前兆なだけであり、はっきりと曲がっているわけでは無い為、あまり気付かれないようですね。

それに、爪の乾燥などの症状は、老化現象としてもあり得ます。

しかし、老化現象として爪が弱っていくと巻き爪になりやすくなるので、どちらにせよこの様な症状に気付いたらもう予防策を練る方がいいのでしょう。

 



sponsored link

 

巻き爪の予防策

そんな巻き爪は普段の何気無い私生活からなる方が多く生活習慣の改善で大分変えることができます。

ではどんなことに普段から注意すればよいのでしょうか。

まず一つ目は爪の切り方です。

深爪や長期の爪の放置などで爪が伸び切っていると爪は変形しやすくなります。

基本的に足の爪は平行に切ることを心掛けましょう。

スクエアカットという切り方が巻き爪予防に適しております。

ただし、出来るだけ爪を切るのは爪切りでなく爪ヤスリで平行に整える方がいいでしょう。

二つ目は靴選びです。

特に女性は仕事やお洒落などでパンプスやヒールなど先の尖った靴を履くことが多いのではないでしょうか。

足に負担がかかったり、圧迫などは巻き爪を引き起こす原因となります。

なので出来るだけ普段から自分のサイズにあった楽なスニーカーなどを履くように心掛けましょう。

最近ではお洒落なパンプスなどでもゆったり履けるものが増えてきたようです。

そういったもの探してみるのもいいですね。

三つ目は適度な運動です。

足に負担を掛けない事が、巻き爪の予防としては適しています。

しかし全く歩かないような状態が続くと爪は変形しやすくなります。

寝たきりの方や大きな怪我を負って長く入院していたという方は、巻き爪になりやすいのです。

爪は、歩くことで一定の力が加わるので平爪を保っているのです。

なので普段から適度なウォーキングなどをする事も巻き爪対策には必なようです。

巻き爪になりやすい人の特徴

ではそんな巻き爪になりやすい生活習慣はどのようなものがあるのでしょうか。

巻き爪になりやすい特徴を知る事で自分の生活習慣を見直してみましょう。

一つ目間違った爪の切り方。

皆様はどのように爪を切っているでしょうか。

大概の人はあまり意識せず爪を切っている人が多いでしょう。

しかし巻き爪になる原因は爪の切り方が一番重要だったりします。

深爪や放置した長い爪は変形しやすくなる為、巻き爪に発展する可能性が高くなるのです。

二つ目は足の指への圧迫です。

歩き方、偏った立ち方、足の指への衝撃などで爪に圧迫がかかると変形しやすくなります。

元々、爪は指のカーブに沿って巻こうとする性質があります。

そしてその性質から指の腹に力が加えられることにより、現在の正常な形を保っているわけです。

しかしそれ以上に大きな衝撃などで負担が掛かると爪は巻き爪になりやすくなるのです。

四つ目は靴の形です。

革靴、先の尖ったヒールやパンプスなど普段から履いている靴の爪への圧迫が巻き爪を引き起こす原因になります。

五つ目は爪の水虫です。

カビの一種の白癬菌から引き起こされるのが爪水虫です。

爪水虫になると爪はだんだん脆くなりボロボロになってしまいます。

ボロボロの爪は外敵からの衝撃にも弱くなるので変形しやすくなります。

爪水虫からの巻き爪だとどの道、爪水虫を治さなければ何度も巻き爪を引き起こす可能性もあるので放置せず早期治療がいいでしょう。

六つ目は遺伝です。

巻き爪は遺伝でもなってしまいます。

遺伝での巻き爪は大人になってからというより小さい頃からなっている可能性があるので気づきやすいでしょう。

ただ遺伝でも巻き爪は改善できます。

病院などでの治療が適しているでしょう。

終わりに

どうでしたでしょうか?

このように巻き爪にもやはり前兆があるんですね。

巻き爪は前兆を理解して、早いうちから巻き爪予防をする事が大切だと思われます。

早期発見し普段の生活を改善しましょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ