痛い巻き爪を何とかしたい!巻き爪を治す為の爪の切り方とは



sponsored link

痛い巻き爪…一体いつなってしまったのだろう。

気付いたら足の爪が巻いていて爪切りで何度切ってもまた気付いたら巻いてくる。

そんな事ありませんか?

もしかしたら、その爪の切り方間違っているのではないでしょうか。

今回は巻き爪予防の為の爪の切り方について調べてみました。

巻き爪になりやすい人の間違った習慣

まず、どうして巻き爪になってしまうのでしょうか。

巻き爪の主な原因は爪への圧迫です。

普段の生活で私たちは靴下や靴を履き歩きますよね。

歩き方、立ち方、スポーツなどの過度の運動などでも足の爪は圧迫されているのです。

そういった爪へのダメージが巻き爪を引き起こす原因なのです。

そこで、爪の切り方にも注意が必要になってくるのをご存知ですか?

普段の生活習慣から圧迫で巻き爪になるわけですから深爪や、長期の爪の放置で長く伸びきった爪は変形しやすくなります。

その為、巻き爪へと繋がってしまう可能性が多いのです。

 



sponsored link

 

巻き爪予防の為の爪の切り方

では、どんな爪の切り方が一番理想なのか。

皆様はネイルサロンでフットネイルやフットケアされたことがあるでしょうか?

足の爪の一般的な切り方はスクエアカットが理想とされています。

この切り方ですが、足の爪は指に沿って切るのではなく伸びている部分を平行に切り、角を残すという切り方です。

角に丸みが帯びていると、普段の生活などでの爪への圧迫でどんどん内側へ爪がくい込みやすくなります。

それを防ぐ為にも足の爪は平行に切るのがいいのです。

因みに、出来るだけ爪切りではなく爪ヤスリを使えれば一番理想です。

足の爪は手の爪より硬いことが多いので、爪切りで切った時に衝撃や負担が係る時があります。

こういった爪への衝撃で爪が傷付き、巻き爪になる可能性もあります。

お風呂上がりなどの爪が柔らかい時だと爪切りでもいいですが、基本的には爪ヤスリを1本、足の爪用に用意しておくといいかもしれません。

巻き爪対策に!爪のケア方法

巻き爪になる原因はたくさんあります。

普段の生活習慣と先程も言いましたが、爪の乾燥なども案外、巻き爪になりやすい原因の一つなんです。

年齢を重ねるごとに肌が乾燥するように爪も乾燥しやすくなります。

他にもフットネイルなどを定期的に行っていると爪の表面を削ったりするので爪が脆くなったり薄くなったりします。

こういった事が原因で巻き爪に繋がる事もあるのです。

なので、お風呂上がりやフットネイルをした後などにボディークリームやハンドクリーム、キューティクルオイルなどで爪に栄養を与え潤してあげる事も重要だといえます。

巻き爪の応急処置に!自宅で簡単!

それでも気付いたら巻き爪になっている事もありますよね。

巻き爪になっちゃったけど、すぐに病院に行けなかったり今すぐどうにかしたい!

という時の処置としては、コットンパッキングという方法があります。

この方法は簡単でコットンさえ自宅にあれば誰にでもできます。

爪の両端にコットンを詰めて置くだけです。

ただ出来るだけお風呂上がりなど爪が柔らかいうちにした方がスムーズに出来ます。

 

もう一つはテーピング法です。

テーピング法は二つあるようで、一つ目は、爪を放すのではなく肉部分を放す方法です。

巻き爪で食い込んでいる部分の肉の所に、テープを貼ります。

それを斜め下に引っ張りながら巻きつけます。

二つ目は、爪のカーブに合わせて、テーピングする貼り方です。

爪に3mm程、テープがかかるようにして、ピンセットなどでテープを食い込ませます。

こうすることによって、肉と爪を放すことができ、巻き爪の痛みが和らぐのです。

コットンパッキング法もテーピング法もあくまで、応急処置に適している方法です。

夜などで病院に行けない時、寝るのに巻き爪が痛い時などにお勧めです。

特に巻き爪には軽度から重度と様々あります。

重度などの酷い巻き爪にはこれらの方法が出来ない時もあります。

終わりに

どうでしたでしょうか?

巻き爪には爪の切り方も重要なんですね。

何気なく切っていた爪切りのやり方が巻き爪を引き起こしたり改善させたりするわけです。

是非、皆様も巻き爪を治す爪の切り方を学んで、巻き爪にならない為の習慣を付けてくださいね。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ