巻き爪のワイヤー治療の期間ってどれくらいなの?



sponsored link

巻き爪を治療したいけど自宅で?病院で?

方法も沢山あってどれがいいのかわからない。

巻き爪の治療法にあるワイヤー治療…

一体どんなものなのだろうと気になる方も多いはず。

今回はそんな巻き爪ワイヤー治療とはどんなものか、治療に関する事を調べてみました。

巻き爪にはワイヤー治療?

巻き爪にワイヤー治療はよく聞くけど実際にはどんな治療なのか不安ですよね。

ワイヤー矯正には種類があります。

爪を長く伸ばせる方に適した形状記憶合金タイプと痛くて爪を思うように伸ばせない方に適したコレクティオタイプと幾つかの種類があるようです。

市販で売られているのもこのように種類があるので自分に合ったものを見付ける為にも出来るだけ病院で事前カウンセリングをした方がいいでしょう。

爪の形によっては形状記憶合金タイプが出来ない場合もあり、爪の形、状況に応じて治療法が異なるのです。

ワイヤー治療のやり方は?

ではワイヤー治療のやり方はどんな治療なんでしょうか。

ワイヤー治療は、曲がった爪の両端にワイヤーを装着します。

そしてワイヤー自体の弾力性を生かして爪を正常な形に戻す矯正です。

これは巻き爪の治療として一番一般的な方法で行われているようです。

ワイヤー治療は病院でも自宅でも行うことが出来ます。

その為、忙しくて病院に行けない方でも簡単にできるのです。

 



sponsored link

 

ワイヤー治療に掛かる費用と期間は?

そんなワイヤー治療ですが、自宅でのワイヤー治療の場合、ワイヤー自体は大体約4000円前後で購入する事ができるようです。

病院での治療の場合は、ワイヤー治療は保険の適応がありません。

しかし爪1本を治療するのには約4,000円~5,000円程度掛かります。

ワイヤーの弾力は徐々に落ちていく為、数ヶ月に1回のペースで取替えが必要になります。

施術期間は約半年間が一般的なようです。

値段と期間的には病院でも自宅でも同じなようです。

しかしワイヤー治療の場合はワイヤー自体のサイズに注意が必要になってきます。

せっかく4000~5000円も出したのにサイズが合わなかったなんて勿体ないですよね。

なので出来るだけ病院に言った方が良さそうですね。

因みに、ワイヤー治療で巻き爪を直した場合の再発率は約20%位だと言われているので半年かけて治したとしてもこれから先巻き爪になりにくいとなると短い期間だと思われます。

病院と自宅でのワイヤー治療の違い

病院に行くとVHO式巻き爪矯正と呼ばれるワイヤー治療が一般的です。

その方法が、ワイヤーを爪の両側に掛けて矯正を行う方法です。

期間は、巻き爪の症状にもよって異なるようで、大体は約2ヶ月~3ヶ月でワイヤーを掛け直します。

これを3回程度行い、長い時間を掛けて治療をしていくのです。

場合によって、爪の表面に装着しないで、ある程度の長さまで爪を伸ばしてその中にワイヤーを通すという治療方法もあるようです。

自宅でワイヤー治療を行う場合は、ワイヤー自体は通販などで購入することが出来ます。

サイズも何サイズがあるので自分の爪に合ったものを購入しましょう。

ただ自宅でとなると専門的ではないので、私生活で外れやすかったりするそうです。

どちらにせよワイヤー治療は人気もあり、痛みもなく簡単に出来るという点では忙しい人でも手軽に出来ると思います。

巻き爪の治療法を知ろう

今回は巻き爪ワイヤー治療を紹介しました。

しかし、巻き爪の治療法は沢山あります。

自宅で身近にあるもので簡単に出来るもの、通販などで購入する事の出来る低コストの巻き爪治療専用のグッズや病院での治療など、巻き爪の種類や症状によってはできない治療もあります。

早期発見をする事が巻き爪を簡単に早く治すためには必要な事ですが、気付いたら痛みを伴って巻いてしまっている方が多いですよね。

巻き爪になったけど、治すのにお金がかかるんじゃないの?

長い間、ずっと治療しないといけないの?

痛くないの?と不安でもういいや!

とならない為にもこういった治療法を知り、治療期間を知る事は安心にも繋がります。

終わりに

どうでしたでしょうか?

巻き爪のワイヤー治療の期間を知った上でこれからどう巻き爪の治療と向き合えるか考えることが出来るのではないでしょうか。

巻き爪治療は基本的に半年~1年掛かるものが大半です。

長い期間をかけてゆっくり治すということが再発などに繋がらない為にも最適な方法だと言えるでしょう。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ