自宅で簡単!巻き爪にはパープルマジックが効果的?徹底調査!



sponsored link

最近、巻き爪が痛くなってきたけど病院に行くのも…と悩まれている方。

巻き爪を自宅で治療したいけどたくさん方法があってどれがいいのかわからず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな皆様に、実は頑固な巻き爪でさえあのパープルマジックを使って自宅で簡単に巻き爪が治せる方法を調べてみました。

パープルマジックはパーマ液とほとんど同じ成分?

パープルマジックと聞くと大概の人は車の洗車用品…と不安になりますよね。

そもそも、洗車用品(アルミホイール専用洗浄剤)ですからそんな物は人体に害があるのではないかと。

では、成分自体はどんなものなのでしょうか。

製品本体の裏を調べると、チオグリコール酸アンモニウム・非イオン系界面活性剤・両性界面活性剤と書いてありました。

このチオグリコール酸アンモニウムが主成分とされており、チオグリコール酸アンモニウムと言えば巻き爪を治療する事も出来る髪の毛のパーマ剤と同じ成分なんですね。

チオグリコール酸アンモニウムは、爪のタンパク質組成を断つ事で爪に柔軟性を持たせてくれる成分です。

巻き爪は、巻いている状態で硬くなっている為、これをチオグリコール酸アンモニウムで柔らかくする事がパーマ剤やパープルマジックでの巻き爪治療法なのです。

つまり、洗車用だから人体はと思う事が先入観で成分を確認すればそれほど体に害のある物ではなかったのです。

 



sponsored link

 

パープルマジックはどんなもの?

では、そんなパープルマジック、車などを洗車したこともない方にはどんなもので、どこに売られているのかもご存じでない方もいるかも知れません。

巻き爪治療としてパープルマジックを実際に使ったことのある人はどんなものを買ったのでしょうか。

そのメーカーですが、カーメイト社のパープルマジック(PS60 ブレーキダストクリーナー・マグナショット)が一番多いようです。

洗車用品(アルミホイール専用洗浄剤)で、基本的にはカー用品店などに売られています。

金額も約600円程度で購入できます。

こんなにも低コストで巻き爪が改善されるなんて夢のようですよね。

 

因みに洗車用品なわけですから、パーマ剤のように余った分を捨てる必要もなく、大量に余っても車・バイク・自転車のアルミ部品に使えば、無駄なく使い切れます。

コストパフォーマンス的にも最高効率ですね。

同社の製品にはパッケージにパープルマジックと書かれている、種類が多数あります。

しかし、基本的に成分は、チオグリコール酸アンモニウムが主成分のようです。

人体への影響は?

しかし、いくらパーマ剤と成分が同じとは言っても本当に人体への影響は大丈夫なのか。

普通の人は洗車用品と聞くと体に悪いんじゃないの?爪に塗っても大丈夫なの?と心配になりますよね。

ただこのパープルマジックの説明欄には人体・環境への悪影響はありませんと断言されているようです。

そうなんです、車などの洗車をする時の事を思い出してみてください。

案外、手や足にこのパープルマジックはかかったりしていませんでしょうか?

つまり、昔からある洗車用品ですから人体に影響があるとなるともっと早くになくなっていてもいいわけです。

そう思うと安心ですよね。

 

しかし、下の方の説明欄には、人体に害があるので飲まない。

吸入すると害があるので換気のよい所で使用すると書いてあります。

いくら、害がないと言え飲んだりするとだめなようですので、口についてしまったり

あまりに長時間の換気の悪い場所での使用は控えた方がいいでしょう。

しかし、そういった面では、パープルマジックに関係なく、パーマ剤なども同じです。

そもそも界面活性剤の方ではなくてアンモニウムの方が健康に良くないような気がします。

パープルマジックを使った巻き爪治療法

では、そんなパープルマジックを使った巻き爪治療法はどんなものなのでしょうか。

まず、パープルマジックを爪に塗ります。

サランラップや、キッチンペーパーなどを爪のサイズに切って上に貼ります。

軽く水でスプレーしたらラップで爪を覆って輪ゴムで固定しておきます。

どうですか?簡単でしょう。

パーマ剤ですと、30分程放置すれば柔らかくなるようですが、パープルマジックだと10~20分など若干短くても良いかも知れません。

大体は30分くらいを目安によう子を見ながら、ラップを剝がしたら、そのまま放置せずに石鹸などでパープルマジックを洗浄しましょう。

終わりに

どうでしたでしょうか。

今回はパープルマジックでの巻き爪治療法について紹介させていただきました。

低コストで簡単に巻き爪矯正が身近なもので出来るわけですから是非参考にしてみてください。

ただ、パープルマジックは、パーマ液に比べてチオグリコール酸アンモニウムの濃度が少し高いようです。

洗車用品として使用するものだからかも知れません。

なので、パーマ剤が効かなかった・お金や時間に余裕が…などと言う方にはお勧めなのかもしれません。

しかし、爪や肌がデリケートな方は、パープルマジックよりパーマ剤が安心かも知れませんね。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ