巻き爪治療法に人気のドクターショール巻き爪クリップはどんなもの?



sponsored link

巻き爪になった時、早く治したいけど病院に行く時間もないしどうにか自宅で簡単に治す事は出来ないのかと悩まれた事があるんではないでしょうか。

しかし、実際に巻き爪の治療法を見てみるとたくさんの治療法があり一体どれをしたらいいのかわからない。

自宅で出来る巻き爪治療法には、お手軽に購入できる身近なものから、巻き爪専用の治療グッズなども最近では売られています。

やはり、確実な巻き爪専用の治療グッズで改善したいという方も多いのではないでしょうか。

巻き爪専用となると値段もそこそこするわけです。

なので失敗はしたくないですよね。

今回は、そんな方の為に今流行りの巻き爪治療グッズ、ドクターショールの巻き爪クリップがどんなものなのかを調べてみました。

ドクターショール巻き爪クリップとは

ドクターショールと言えば、フットケアで人気の商品が多数売られている事もあり、女性なら1度は聞いた事がある方が多いのではないでしょうか。

ネイルケアキットや電動角質リムーバーなど、そんな中で巻き爪を矯正出来る巻き爪クリップというものもひそかに人気があるんです。

では、この巻き爪クリップですが主にどういったものなのか。

巻き爪クリップでの巻き爪治療法は、病院でも行われている治療法です。

巻き爪クリップに使われているクリップは、形状記憶合金という金属で出来ているのが特徴です。

なので、この形状記憶合金には弾力性と曲げると元に戻ろうとする力が働くため、その力を利用して巻き爪を一定の力で元の形に戻す事が出来るのです。

 



sponsored link

 

自分に合ったサイズと使い方は?

ドクターショールの巻き爪クリップは、通販などで簡単に購入する事が出来ます。

因みに巻き爪クリップは、実際に自分に合ったクリップでないと効果は期待できません。

病院での巻き爪矯正には、「超弾性クリップ法」というのがあります。

いくつかの会社からもこの矯正器具が発売されているようですが、病院でさえも良く使っているのがドクターショールの巻き爪クリップだそうです。

病院に行く時間が無いという方でも、病院で実際に使用されているものですから安心ですよね。

そんなドクターショールの巻き爪クリップのサイズはどんなものがあるのでしょうか。

サイズは3サイズからなるようです。

  • Sサイズ 15mm
  • Mサイズ 17mm
  • Lサイズ 19mm

もし巻き爪治療を自宅で行う場合は爪の大きさや爪の形に合ったものを測ってから購入しましょう。

そんな巻き爪クリップですが使い方は簡単です。

爪の長さは人それぞれですが、基本的には約4mm程あります。

巻き爪クリップは、装着の際に爪がその程度伸びている必要が有るようです。

なので、深爪などの場合は装着不可なので注意してくださいね。

出来るだけ、爪が柔らかい時に装着するのがスムーズだと思います。

お風呂上りや足浴などを行った後にしましょう。

巻き爪クリップを爪の巻いている方にかけ両方に取り付けます。

後は、このまま普段通りに生活しているだけです。

どうですか?簡単で誰にでも出来ますよね。

ドクターショール巻き爪クリップのメリットとデメリット

そんな巻き爪クリップですが実際には賛否両論もあるらしくやはりいいことばかりではないようですね。

ドクターショールの巻き爪クリップを実際に使用した事がある人の口コミなどはどんなものなのかまとめてみました。

まず、メリットですが装着が簡単な為、自分で行えます。

巻き爪治療グッズのわりには料金は比較的安く低コスト矯正しすぎる心配が少なく、軽い巻き爪や早期治療にお勧め。

デメリットとしては、クリップが意外と外れやすい。

固い爪や深爪には使用できない事もある。

体が固いと自分で付ける事が困難。

ワイヤー矯正よりも弱い。爪や指に疾患のある場合は使用が難しいなどです。

因みに、ドクターショールの巻き爪クリップの値段ですが通販や病院でも購入することが出来ます。

どちらで購入しても大体、約4000円前後のようです。

終わりに

どうでしたでしょうか?

今回は、ドクターショールの巻き爪クリップがどんなものかを調べさせて頂きましたが、基本的は使用された方の満足度としては賛否両論があるようですね。

ドクターショールの巻き爪クリップがいい事は確かですが、やはり自宅でとなると自分に合ったものを見付けるのが難しいようです。

なので出来るだけ病院に行ける方は、病院でのカウンセリングをしてもらう方がいいかもしれません。

自分に合っているサイズを確認することが大切ですね。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ