セルフで簡単!誰にでも出来るマニキュアを長持ちさせる方法



sponsored link

マニキュアはジェルより簡単に誰にでも出来るお洒落の一つです。

ジェルネイルなどの一度塗布したら長くて1ヶ月も持つものと比べてマニキュアはお手軽な分あまり持たないのが特徴です。

せっかく可愛く自分でマニキュアを塗ったのにすぐ剥がれちゃって悲しい思いをした経験のある人もいるのではないでしょうか?

そんな皆様の為にもできるだけマニキュアが剥がれす綺麗に長持ちさせる為のコツを今回は調べてみました。

ジェルよりマニキュア?

爪のお洒落をしたい!

少し前まではマニキュアよりジェルが主流になってきていましたが最近はまた、マニキュアをしている女性が増えているようです。

なぜならジェルネイルはマニキュアと比べても1ヶ月位は持ちます。

施術の方法としては爪に凹凸を付けるため爪の表面を削りジェルを塗って密着させやすくするのです。

この爪の表面を削る行為が爪を脆くさせてしまったり乾燥に繋がったりとマイナス面もあるようです

それに会社や学校などでネイルをしてはいけないところもあるので、なかなかジェルなどの長期で持つものは難しいのかも知れません。

 



sponsored link

 

たまにお洒落がしたい!雰囲気を変えたい時のネイル

そんな時のお洒落としてジェルネイルよりもマニキュアの方が簡単に出来て取る時も手こずらないので、女性の間ではマニキュアも人気の一つなんですね。

マニキュアは、ジェルと違い爪を削る必要もなく重ね塗りをあまりしない分乾くのも早いです。

失敗しても簡単に除光液などで取れるのでデートやお出かけの前日や気分を変えたい休みの日など時短で出来るのが特徴です

マニキュアの長持ちのコツとは

しかしせっかく塗ったのにマニキュアが剥がれてしまったなんて事も。

簡単な分脆いのもマニキュアの特徴なんですね。

では、そんなマニキュアを少しでも長く綺麗に保たせる方法はあるのでしょうか?

1、マニキュアを塗る前の甘皮処理

皆様はマニキュアを塗る時、そのまま塗っていませんか?

爪にはゴミや菌の侵入などを防ぐ為に甘皮というものが付いています。

この甘皮はマニキュアを塗る時には余り必要のない部分で出来るだけ取る方がいいとされています。

お風呂上がりなど爪の甘皮が柔らかくなったら綿棒などで甘皮を上に押し上げだり専用の甘皮除去のハサミなどで綺麗に整えましょう。

2、爪の表面の油分を除く

爪の表面には油分や汚れが付いています。

油分や汚れが付いたままマニキュアをすると、マニキュアは剥がれやすくなるんです。

コットンや綿棒にプレプライマーや除光液かエタノールをなどを染み込ませ爪の表面を拭きましょう

3、ベースコートを塗る

ベースコートはマニキュアによる爪の変色を防ぐ為のものです。

その他に、爪の凹凸をなくしマニキュアの持ちや発色を良くし爪に栄養を与えたり、爪の黄ばみを抑える効果もあります。

左右を塗った際には、端まできっちり塗りましょう。

4、マニキュアの塗り方

マニキュアもベースコートと同様、量が大切です。

マニキュアのボトルの口でハケをしごいて、厚塗りにならないように気を付けましょう。

コツは甘皮から髪の毛一本ほどあけるように塗ると見栄えが綺麗になります。

最後には厚み部分のエッジも忘れずに塗りましょう。

マニキュアは爪の先や根元から剥がれてくるのが特徴です。

この部分をしっかり塗るようにすれば剥がれにくくなります。

少な目の量で爪の裏側を塗るよう心掛ければ表面が厚くなったりはみ出しません。

5、二度塗りする

マニキュアは何度が塗ることによって発色が良くなり、ボトルの色に近づいたり印象も変わります。

しかし量が多いと乾きにくくなり、よれの原因にもなります。

出来るだけ一度で厚く塗らないようにし、必ず重ね塗りしましょう。

6、トップコートを塗る

トップコートはマニキュアをコーティングして外部の傷から守りツヤをらます出して見た目も綺麗にする効果があります。

最近、マットなものから、ジェル風にできるものまで様々なトップコートが出ていますよね。

これもエッジの部分も忘れずに塗りましょう。

トップコートは一番多めに塗る事がおすすめです。

2、3日に一度はトップコートだけを上から塗るようにしましょう。

終わりに

どうでしたでしょうか?

マニキュアをせっかく塗ってもすぐ剥がれてしまっては悲しいですよね。

今回紹介した事を意識してマニキュアを塗ってみると長持ちするかもしれません。

是非皆様も試してみてくださいね。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ