巻き爪になりかけてる!?特徴やその対処法とは!



sponsored link

最近、爪が巻いてきたような…

と感じて気付いたら痛くなっていた。

巻き爪は最初の段階で早期発見する事が一番良いのです。

しかし巻き爪はなかなか厄介で前兆も難しいもの…

一体どうやって巻き爪のなりかけを理解するのか。

その時にどう言った処置をすればいいのか。

知っている人は少ないかも知れません。

そんな皆様に、今回は巻き爪になりかけている人が今すぐにでも出来る対処法を紹介したいと思います。

巻き爪のなりかけかって?

皆様は巻き爪のなりかけを自分で把握していますか?

大概の人は巻き爪による痛みで巻き爪になっている事を気付かされる方が多いのでは無いでしょうか。

実は痛いと思った時点で巻き爪は早期発見ではないのです。

それに巻き爪は普段の何気ない行動で簡単に悪化していきます。

その為にも、出来るだけ早くなりかけを知って予防する事が大切なのです。

 



sponsored link

 

それ巻き爪になるかも!

皆様は普段の生活で足の爪をまじまじ見る事なんて無いですよね。

そうなんです、大概の人は足の爪を切る時以外はじっくり観察なんてしません。

その為、痛みや違和感で巻き爪に気付く事が多くあります。

まず、一つ大切なのが出来るだけ普段でも足の爪を観察する事を心掛けて見てください。

寝る前や靴下を履くときなど、巻き爪になる時に爪は少し変形していたりします。

乾燥や老化で白くなっていたり、爪水虫になっているかも知れません。

そういった毎日の観察をするという事は健康を維持する為の基本なのです。

巻き爪を早く見つけて対処する!

では実際にセルフチェックした後、もしも爪に何らかの変形などがあった時。

どうしたらいいのでしょうか?

まだ、痛くないし大丈夫なんじゃないか。

と思っていたらどんどん進行していくのが巻き爪です。

巻き爪は初期の段階での対処が一番理想的なんです。

なぜなら、1度巻き爪になってしまうと治すのに基本的には半年以上かかるものが多いからです。

そんな事の無いように事前に気を付ける事で面倒な治療や費用も掛けないで住むのです。

巻き爪の簡単な対処法とは

巻き爪になりかけの時に出来る対処法はどんなものがあるのでしょうか?

対処法はさまざまあるようですが、基本的に早期発見した場合はお金もかけずに普段の生活で出来る事ばかりなんです。

1つめ爪ヤスリなどで爪を平行に整える

爪は深爪や伸ばしすぎから変形しやすくなり巻き爪に発展します。

なので少し違和感を感じたら爪に負担の掛からない爪ヤスリなどで平行に整えましょう。

2つめ五本指ソックスなどを履く

靴下を履いていると爪先が圧迫され巻き爪を引き起こす事があります。

五本指ソックスは指、ひとつひとつが分かれているので爪への圧迫などを減らしてくれます。

普段、出来るだけ五本指ソックスを履く事を意識してみてください。

3つめ余裕のある靴を履く

ヒールやパンプスなど先の尖った靴や革靴などの先の硬い靴を履いている事は何気ないようで実は爪先へのダメージが掛かっているのです。

出来るだけサイズの合った余裕のある靴を履いて爪先を解放してあげましょう。

4つめ毎日の足の手入れを

足は思っている以上に菌が繁殖しやすい所です。

つまり、毎日の生活で爪水虫など他の病気を引き起こす事もあります。

そういった症状から爪が脆くなり巻き爪になる可能性があります。

出来るだけ毎日念入りに足を清潔に保ちましょう。

5つめコットンパッキング法

少し変形してる?なんて思った時にすぐ出来る対処法のひとつです。

小さく丸めたコットンをお風呂上がりなどの爪が綺麗で柔らかい時に爪の両端に入れます。

そうすることで自然と爪が矯正され巻き爪を改善させることが出来るのです。

終わりに

どうでしたでしょうか。

この様に、巻き爪の早期発見では予防も対処法も簡単で手軽に出来るものばかりなんです。

巻き爪は進行するに連れて、治療法も変わってきます。

その為に、費用も掛かるわけです。

出来るだけ、費用を掛けずに早く治したいのが理想ですよね。

特に、巻き爪は結構厄介なものですから、気付いた時には歩けない程の痛みが襲ってくる事もあります。

今回紹介した対処法などを踏まえて是非皆様も、巻き爪の早期発見をして頂けたらと思います。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ