グリーンネイルでもネイルがしたい!どうしたらいい?



sponsored link

ネイルサロンに行ったらグリーンネイルだからと施術を断られた!

何だか最近爪が緑色に変色しだした!

何て事ありませんか?

ジェルネイルやスカルプチュアが女性の人気を誇り最近ではネイルをしている人が多い時代です。

その反面で爪の病気になる人が増えつつあるのも近年の悩みです。

グリーンネイルなどの知識があまりないとどうなるのか。

今回はネイルとグリーンネイルの関係性について調べてみました。

グリーンネイルになっちゃった時は

お洒落が好きでネイルをし続けている女性にとって爪の病気などはどうしても避けたい所ですよね。

実はグリーンネイル自体の知識があまりないサロンが多い事もありそのまま放置した状態でネイルをしてしまってグリーンネイルが悪化したりする事もあるんです。

グリーンネイルは緑膿菌というカビが繁殖する事が原因です。

緑膿菌は、身近な雑菌の1つで、健康な状態の場合は大きな影響はないのですが、抵抗力が弱い場合は注意が必要な雑菌だと言われています。

 



sponsored link

 

爪が変色?グリーンネイルの原因とは

グリーンネイルは痛み等が無い為、自覚症状は目で見た時の爪の色でしか判断する事が出来ません。

その為、ジェルネイルやスカルプチュアを継続的にしていたりすると、なかなか発見しにくい場合もあるんです。

そういった場合ではグリーンネイルは悪化にも繋がるので治りにくくなったり、他の爪の病気になってしまう可能性もあるのです。

主な原因として、爪が他の病気にかかっていたり爪自体が傷ついていたり、爪が常に湿っていて軟らかい状態などがグリーンネイルが起こりやすくなる原因と言われます。

ジェルネイルやスカルプチュアを長期で続けていて、浮いてきた部分に水が溜まり湿ったままの状態など、細菌が繁殖しやすい環境なわけです。

毎日のように水仕事を頻繁に行う人などはグリーンネイルにかかりやすいと言えます。

ネイルがしたい時はどうしてる?

グリーンネイルかなと思った時、それでもネイルがしたい人も沢山いると思います。

しかし基本的に、グリーンネイルになった時はネイルなどはしてはいけません。

ネイルサロンなどのネイリストは爪の専門家なので知識はあります。

しかしあくまでも医者ではありません。

グリーンネイルなどの知識があまりないサロンも多いようで緑膿菌が繁殖していても無理を言うと施術してくれる所もあるかもしれません。

しかしグリーンネイルは酷くなると完治するまでの時間も半年から1年掛かったりひどい場合には爪を失ってしまう事も有り得るのです。

そうならない為にも基本的に、グリーンネイルでネイルサロンに行くと皮膚科などを進められます。

グリーンネイルにも軽度、中度、重度がありそれぞれよって治療法も異なります。

しかし、早期発見で軽い場合は2ヶ月ほど爪を休ませてグリーンネイルの部分が伸びきって切れるようになるとすぐにネイルが出来るようになります。

何事もそうですがやはり早期発見で治療に専念する事が1番早く治る秘訣なんですね。

知識を知ってグリーンネイルからのストレスフリー

ではそんなグリーンネイルを予防してならない為の健康な爪作りとはどんなものがあるのでしょうか。

  • セルフネイルの下準備を徹底する

グリーンネイルはジェルと爪の浮きの間に水や汚れが入りそれが湿気などで緑膿菌が繁殖するからと言われています。

セルフでネイルをする時は甘皮ケアとサンディングを徹底的に行い出来るだけ浮かない様な下準備をしましょう。

  • ネイルサロンは信頼出来る所で

ちゃんと施術を行ってくれるネイリストがいる事でグリーンネイルなど爪の病気にならない為の予防や施術後のアフターケアも任せられるわけです。

自分に合ういいネイルサロンを見つける事も大切ですね。

  • ジェルネイルやスカルプチュアの交換期間

基本的にジェルネイルやスカルプチュアは3週間で付け替えが必要と言われています。

爪は必ず伸びてくる為、どんなに綺麗な施術を受けても根元から浮いてくるのです。

清潔に保つ為にもこういった交換期間は守りましょう。

  • 指先を清潔に保つ

爪が濡れたままだったり汚れたままだとそこから菌が繁殖しグリーンネイルに繋がります。

なので手に付いた水分などはこまめに拭いて手を清潔に保ちましょう。

  • アフターケアで爪に栄養を

ジェルネイルやスカルプチュアを長く持たせる為にもネイルオイルなどは必要不可欠です。

施術を行った後は、毎日こういった爪への栄養補給を意識しましょう。

終わりに

どうでしたでしょうか。

このように、グリーンネイルになった場合は基本的にネイルは駄目なようです。

是非、皮膚科等での早期治療を優先的にしてください。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ