グリーンネイルになった!その原因て一体何なの?



sponsored link

ネイルサロンでグリーンネイルと言われ施術を断られた!

めったになくてもそういった事がある事をご存知でしょうか。

自分は大丈夫と思っていたのにグリーンネイルになっていた。

ジェルネイルが女性の間で人気を得て、最近ではセルフでジェルネイルをしている方も多くなってきました。

シールネイルやマニキュア、そしてジェルネイルやスカルプチュア沢山のネイル方法がある中、グリーンネイルなどの爪の病気になる人の数も増えてきたと言われています。

なぜ、ジェルネイルがグリーンネイルを引き起こすと言われているのでしょうか?

その原因などを徹底調査してみました。

実は怖い!グリーンネイルという爪の病気とは

グリーンネイルという爪の病気を皆さんはどこまでご存知でしょうか。

聞いた事はあるけど…という方が多いと思います。

グリーンネイルなるのは、緑膿菌(りょくのうきん)というカビの一種が繁殖する事が主な原因とされています。

この緑膿菌は、案外身近な雑菌の1つで健康な状態の場合では大きな影響はないんです。

しかし抵抗力が弱い場合や爪がもろくなっている時などには注意が必要な雑菌だと言われています。

 



sponsored link

 

ジェルネイルが原因?グリーンネイルとの関係性

そんなグリーンネイルですが、なってしまう主な原因は湿度だと言われています。

ジェルネイルやスカルプネイルなどをするとしばらくすると生え際などからジェルと自爪に隙間が開き剥がれやすく、浮いてくる事がありますよね。

少し浮いてきただけだと、まだ替えなくていいやと放置する方も多いと思います。

しかし、その浮いたジェルネイルと爪の間に水分が溜まり湿っている状態が続くとグリーンネイルを引き起こしやすくなるのです。

緑膿菌にとって、湿度のある場所は増殖する絶好の環境となります。

ジェルネイルなどをしている人で、手に汗をかきやすい人や、プールに通っている人、水仕事が多い人などは特になりやすい条件が揃っていますね。

その他には爪が弱っていてボロボロの状態だとグリーンネイルになりやすくなると考えられています。

そういった状態では、グリーンネイルが二次的に起こる事が多いためでしょう。

しかし緑膿菌の繁殖が直接的な原因となって爪がボロボロになる事はないようです。

ジェルネイルの下準備で行うサンディングなどをやりすぎると爪を弱らせてしてしまいます。

サンディングなどで小さな傷や溝などが出来るとその間から菌が繁殖しやすくなるからです。

その他にも深爪をしたり怪我が原因で爪は弱りやすくなるとされていますので注意してください。

グリーンネイルの予防法って?どうしたらいいの

では、そんなグリーンネイルにならない為に予防できる事はあるのでしょうか。

ジェルネイルは施術してから2~3週間で取り換えるのが理想とされています。

長期のジェルネイルの付けっぱなしでジェルと自爪の間が浮いてきたり、取れかけた状態だと緑膿菌が増殖する大きな原因に繋がります。

また、そういった長期間の放置が原因で爪の状態に気付けず、グリーンネイル以外の爪の病気へ発展していたりひどくなってしまう事もあるんです。

増殖しにくい状態をキープし自分の爪の状態を常に確認する事を心がけましょう。

そして、爪を濡れた状態で放置しない事も大切です。

グリーンネイルの緑膿菌は湿った所に繁殖するので、指先を常に清潔で湿っていない状態を保つ事ががグリーンネイルの予防に重要です。

その他に出来る事として・・・

  • 爪を常に健康的な状態にしておく

爪や皮膚が傷付いて、血が出たり膿んだりするとそこに緑膿菌が増殖しやすくなります。

深爪したりサンディングのやりすぎなどで爪に傷をつけないように気を付けましょう。

爪の乾燥はグリーンネイル以外の2枚爪や割れ爪などの原因にもなるとされています。

普段からネイルオイルなどで保湿をして、爪の状態を健やかに保ちましょう。

  • ジェルネイルの前の下準備を行う

セルフネイルをする人が増えてきています。

そんな方が下準備不足でグリーンネイルなどになる事が多いと言われているのも事実です。

下準備はしっかりと行いましょう。

下準備を怠るとジェルが浮きやすくなります。

ジェルと自爪の間が浮きにくい状態をつくる事が、グリーンネイルを予防する上で大切です。

  • ジェルネイルをしたら爪切りで爪は切らない

ジェルネイルをしている時は、爪が伸びてきても自分で爪を切らないようにしましょう。

ネイルサロンではジェルネイルが取れにくいように爪の先端にもジェルを塗ってくれています。

爪切りを使って爪を切ってしまうと先端のジェルがなくなって、ジェルネイルと自爪の間が浮きやすくなってしまうんです。

なのでどうしても長さが気になってきたらジェルネイルをオフしてから切るようにしてください。

  • 自分に合ったネイルサロンをみつける

ジェルネイルやスカルプネイルは、ネイリストさんの技術レベルによってもネイルの持ち(浮きやすさ、取れやすさ)が変わる事があります。

しっかりと信頼できるサロンを選んでカウンセリング、施術が自分に合う場所を選んであげるのも自爪を傷めない為の方法です。

終わりに

どうでしたでしょうか。

このように、グリーンネイルの原因がジェルネイルにある事は確かなようですね。

しかしだからと言ってジェルネイルが絶対に悪い訳でもないのです。

普段からのアフターケアを入念にして爪を労わる事が健康な爪で居れる秘訣なのです。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ