せっかくのお気に入りマニキュアがドロドロで塗りにくい!そんな時



sponsored link

マニキュアを塗ろうとボトルを開けようとしたら硬くて開きづらい…

塗布しようとしたら固まっていてムラになって塗れない…

せっかくのお気に入りのマニキュアなのにとショックになる事ありますよね。

数回しか使った覚えもないのにどうして?

ドロドロになってしまう原因って一体何なのでしょうか。

また、ドロドロになってしまったマニキュアを復活させるにはどうしたらいいのでしょうか。

今回はそんな時の対処法と予防についてまとめてみました。

マニキュアがドロドロに固まるのはどうして?

気付いたら固まってしまっているマニキュアはなぜこのようにドロドロになってしまうのでしょうか。

基本的にマニキュアは空気が触れる事で固まりやすくなります。

その為、開封してしまうとずっとサラサラを保つ事はないようです。

また、マニキュアにはきちんと使用期限があります。

基本的に未開封であれば4~5年で開封した使いかけのマニキュアは長くても2~3年です。

しかし古くなったマニキュアは利用しても乾くのが遅かったり、すぐに剥げたりしやすくなってきます。

新しいものよりも、ニオイがきつくなる事もあるので時間の経過によって、どんどん使いづらいものになってしまうという事です。

本来なら開封後はすぐ使いたいものですが、そんなに頻繁に塗れないのもマニキュアの特徴です。

それに、同じ色ばかり塗るより色んな色でセルフネイルを楽しみたい方が多いですよね。

そんな時は、いくらマニキュアに消費期限があるからと言ってもなかなか難しかったりします。

 



sponsored link

 

固まったマニキュアを復活!簡単にさせる為には

そんな固まったドロドロのマニキュアの戻し方ですが一般的には薄め液というマニキュアの固まりから復活させる液を使います。

これは、薬局などで売られていますが、最近では100円均一などでも簡単に手に入るようになっているようです。

この薄め液をドロドロになってしまったマニキュアに数滴入れて混ぜるだけで本来のさらさらしたマニキュアに戻す事だ出来ます。

しかし、ネイルしようとしてマニキュアを塗っていてマニキュアのドロドロさに気付いた時、薄め液が身近にない時もありますよね。

そんな時の応急処置としてその代用品になるのが、目薬なんです。

方法としては、固まってしまったマニキュアに数滴目薬を入れてかき混ぜるだけ。

これだけで簡単にマニキュアをサラサラに戻すことが出来ます。

しかしあくまでも薄め液の代用品なので、出来るだけ薄め液を普段から1つ所持しておくといいかもしれませんね。

因みに、薄め液しかり目薬もですが、何度も入れたりしているとマニキュア事態の色が薄くなったり乾きが悪くなったりする事もあります。

なので、マニキュア自体の使用期間などは出来るだけ守った方が綺麗に塗れるコツです。

また、除光液でも大丈夫かな?と薄め液替わりに使用してしまうと容器が割れてしまう危険性があるので絶対にやらないでくださいね。

ドロドロにならない為に気を付けれる事とは

では、そんなマニキュアがドロドロにならない為に普段から気を付けれる事はあるのでしょうか。

まず、使用後のマニキュアボトルの口はキッチンペーパーに除光液を付けて綺麗に拭き取る習慣を付けましょう。

拭き取らないでそのままにしているとボトルに付いたポリッシュで蓋が閉まらず蒸発の原因になります。

これがマニキュアがドロドロになる原因と蓋が固まって開かない原因になるんです。

次に、出来るだけマニキュアは冷蔵庫で保存しましょう。

夏場など特にですが、暑さから守る事がマニキュアをドロドロにさせない為の予防になります。

マニキュアは一定温度を保つ事が出来る冷蔵庫で保管がお勧めです。

終わりに

どうでしたでしょうか。

マニキュアは最近ではプチプラでも沢山の種類が出ています。

ネイルボトルも可愛いデザインのものが多い事からマニキュア自体を集めるのが楽しみなんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、一度開封すると蒸発してすぐ固まりやすくなってしまう…

せっかく塗りたくても固まったマニキュアではヨレやムラがでてしまって上手く塗る事が出来ない。

そんな経験は結構ある事です。

せっかく塗りたくても塗りにくいと塗る気持ちも憂鬱になります。

そうならない為にも今回のマニキュアドロドロ改善方法や予防法を参考にしてもらえたらと思います。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ