セルフネイルにはラメ入りマニキュアがお勧め!その理由とは



sponsored link

最近流行りのセルフネイル、自宅で簡単に出来る事から忙しい女性でもサロンに通う必要もなくジェルネイルの様に難しくもないのでさっと出来るのが特徴のマニキュアです。

しかしマニキュアにも色々種類がありますよね。

マットなものから光沢性のあるマニキュア、ラメ入りのものまでしかし、実はセルフネイルをする人にお勧めなのはラメ入りマニキュアってご存知でしたか?

ラメ入りマニキュアはラメが入っている為、何度も重ね塗りしなくても1~2度塗りで綺麗に塗ることができ、ネイルした時のよくあるムラもあまり目立たない優れモノなんです。

そんなラメ入りマニキュアですが、簡単に綺麗に塗れる反面除光液で簡単に取る事が出来ないという難点もあります。

今回はそんなラメ入りマニキュアについてまとめてみました。

ラメ入りマニキュアの簡単な塗り方

ラメ入りマニキュアはグリッターやホログラム、大き目のラメから小さなラメが入った物と沢山の種類があります。

なんと、残ったり割れて使えなくなったアイシャドウなどをネイルカラーに入れてオリジナルのラメ入りマニキュアを作ることも!

そうなればわざわざ買う必要もなくお気に入りが自宅で簡単に出来るわけですね。

さて、そんなラメ入りマニキュアですが、塗り方も色々あります。

1、オーソドックスな単色塗り

こちらは初心者でも簡単にでき、爪全体にネイルカラーを塗布するので単色でも目立ちやすい塗り方です。

・ベースコートを塗る

・ラメ入りマニキュアを常全体に塗る

・乾いたら納得のいく濃さになるまで塗布(基本的にラメ入りマニキュアは1~2度塗り)

・トップコートで仕上げる

 



sponsored link

 

2、グラデーション塗り

グラデーションはなかなかセルフだと利き手ではない方で塗るのが難しいとされています。

しかし、ラメ入りだとある程度のごまかしが利くので少し慣れてきたなと思ったら試してみてください。

・ベースコートを塗る

・ベースのネイルカラーを塗る(薄めの色やクリアカラーを選ぶとグラデーションが映えます)

・先端3分の1部分にラメ入りマニキュアを薄く塗る

・乾いてきたら先端にラメの感じがしっかり分かるくらいまで重ね塗りする(これを乾くたびに塗る場所を先端に徐々に短くしていく)

・トップコートで仕上げる

・境目の目立たないグラデーションにするには重ね塗りするときに、ブラシをのせる位置を少しずつずらす事です。

 

この他にも、ラメ入りマニキュアを塗る時シールを足したり別のネイルカラーと組み合わせる事でよりカラフルな可愛いデザインにも仕上げる事が出来ます。

意外と取れにくいラメ入りマニキュアを簡単に落とす方法

そんなラメ入りマニキュアですが、少し難関なのが落とすときなんです。

ラメが入っている為、除光液で簡単に落ちずゴシゴシ…

なんて経験のある方もいると思います。

でも、そんな取り方をすれば爪が痛んでしまう可能性も…

今回はそんなラメ入りマニキュアでも簡単に落とせる方法を紹介します。

まず用意するもの

•除光液

•コットン

•ハサミ

•アルミホイル

手順

1、コットンを細かく爪の大きさにカット

2、カットしたコットンに除光液を染み込ませる

3、除光液を染み込ませたコットンを爪の上に

4、アルミホイルでその上から覆う

5、5~10分待ってネイルカラーを落とす

落とし方は爪先に沿ってゆっくりコットンを引くようにしましょう。

それでもまだ取れない場合は、再度コットンを乗せてさらに時間を置くとキレイに落とすことができます。

最後に出来るだけマニキュアを落とした後はキューティクルオイルなどで爪の保湿をしましょう。

爪は乾燥などで傷みやすくなってしまいます。

特にセルフネイルだと爪のケアが怠ってしまいがちですよね。

何度もマニキュアを塗り替える人などはこういった些細な所にも気を遣う事で綺麗な爪を保たせる事が出来ます。

人気のお勧めラメ入りマニキュア

そんなラメ入りマニキュアですが、最近のセルフネイラー達の中でも流行っているはどこのメーカーなのでしょうか。

まず1つはOPIの『ネイルラッカー』です。

サロンでも使われていて値段は少し高めですが間違いなしの発色性と速乾性です。

 

2つめ アナスイの『ネイルカラー』

こちらも個性的なネイルボトルで少し高めな人気ブランドです。

 

3つめ HOMEIの『ネイルポリッシュ』

最近若い女性の間で人気が上がってきている少しお手軽な可愛いネイルカラーです。

 

4つめ キャンメイクの『カラフルネイルズ』

メイク用品もプチプラでもちろんネイルカラーもプチプラ!可愛いボトルでカラーも豊富です。

 

5つめ Art Collection『AT フレーク ネイル グリッター』

なんと108円とプチプラの人気ネイルカラーです。

値段のわりに速乾性に優れていて色も沢山あるので飽きずに集める事も出来ますね。

 

6つめ ザ・ダイソー『ウィンマックス ネイルスパークス』

こちらも108円で人気のネイルカラーです。

ダイソーのネイルカラーは値段のわりにクオリティがあり初心者でも簡単に使えます。

終わりに

どうでしたでしょうか。

このようにセルフでネイルを沢山したい方やこれからセルフネイルを勉強していきたいと思っている方も是非、ラメ入りマニキュアでいつもと違ったデザインも試してみて下さい。



sponsored link


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ